今ごろになって初めてラストまで観たアニメ「金色のガッシュベル 」に存在したおとなの事情

 

 

アニメ《金色のガッシュベル》は、放映時にリアルタイムで観てどハマりした作品でした。

f:id:kagaminonakanoalice:20190224003807p:image

ガッシュベルを知らないひとのために簡単に説明すると、魔界から『王を決める戦い』のために人間界にやってきた100人の魔物の子供たちが、人間界でそれぞれにパートナーを見つけて互いに戦う物語です。

魔物のパートナーになれる人間だけが、魔物がそれぞれ持っている『本』の呪文を読むことが出来て、パートナーの人間が発する呪文によってのみ魔物は自分の特別な力を出して戦うことができます。

主人公のガッシュのパートナーとなる清麿は、何故かガッシュだけが魔界の記憶を失っていたせいで、わけもわからず魔界の王を決める戦いに巻き込まれてゆくことになります。

 

当時は周囲の子供もおとなもみんなハマってたような記憶がありますが、これは原作の設定がわかりやすくできていたせいだと思われます。

魔物は基本的に子供(なんだけど、明らかにオトナみたいな魔物や、動物系に妖精系にロボもどきなど何でもアリ)です。

魔物のパートナーとなる人間は、メインキャラやワキ役ランクには『良い人間』を、やられ役のモブには『悪い人間』を配していたようです。

魔物の側も、基本的にこれと似た基準で『良い魔物』と『悪い魔物』に大別されます。

王になるために、仲間を蹴落として勝ち上がるためならなんでもやるような邪悪な魔物は、モブの『悪い人間』とコンビになります。

悪い魔物のパートナーになるような人間は、魔物の力を利用して自分の欲望をかなえたり、犯罪行為におよぶなどやりたい放題の悪い人間です。

モブの『悪い人間』よりも少し格上のワキ役レベルになると、メインキャストほどの掘り下げはないものの、それぞれの事情をかかえたいろんな人間たちが登場します。

純粋に魔物の力になってやりたいと考える者もいれば、魔物のパートナーになったこと自体を楽しむ者、何かの代償として魔物のパートナーとなることを選んだ者などさまざまです。

子供はメインキャラの『良い魔物』に感情移入し、おとな達は人間の側のそれぞれの経緯や、魔物との関わり方などに感情移入しやすいという仕掛けもよくできていました。

これ以上は各自で原作マンガを読むか、映像配信サービス等でアニメをみてください。

f:id:kagaminonakanoalice:20190304123043p:image

 

じつは私の中では、ゾフィス戦以降の《金色のガッシュベル》は、ずっと無かったことになっていました。

ゾフィスというのは、王を決める戦いの最後で、ガッシュと雌雄を決することになる「ブラゴ」という超強い魔物のパートナー「シェリー」の宿敵です。

ゾフィスは『悪い魔物』で、シェリーの親友ココをパートナーにしてその心を操り、この戦いに勝ち残って王となり、魔界に君臨することを画策していました。

私はアニメしか観てませんでしたが、当時ものすご〜くこの作品のファンだったせいで、色々と許せないことが重なって、頭にきて「途中で観るのをやめた」んですよね(笑)

こう言うと、ガッシュの声優が変わった件や、結局ブラゴ達と戦わずに終わったラストだとか、原作と異なる終盤のアニメオリジナルな展開のせいだと思うかもしれませんが、そうではありません。

それらはみんなゾフィス戦以降の展開なので、私が許せなかった部分も当然そこではありません。だいたい私は原作のガッシュ読んでませんから(またコレだw)

 

じゃあ何がそんなに許せなかったのかというと、リアリティとフィクションの兼ね合いというか、ぶっちゃけ「アニメ制作側の大人の無神経な子供扱い」が許せなかったのでした。

子供なら、子供扱いされて当然だと思うかもしれませんが、子供の側は無論そうは思っていません。

だいたいが「子供が子供あつかいされる理由のほとんどは大人の都合や事情が優先」される場合だと、そのくらいは子供だってわかってますから。

だから、いかにもな子供だましや子供あつかいには、「子供ナメんじゃねぇぞ」と腹を立てるのが正しい子供のあり方なんじゃないかと考えるわけです。

オトナが「子供にみせるならこんなもんだろう」的な感覚で、道徳と綺麗ごとで飾りたてた「オトナにとって都合のいい子供」像を押しつけてくるようなごまかしに直面すると、子供は「そんな嘘っぱちに騙されるかよ」という反骨精神が刺激されたりするものなのです。

ゾフィス戦のラストは、私にはまさしく「それ」だったんですよね。

しかし当時の私は、自分の感じたことをきちんと伝える言葉をもたず、説明不足のせいもあって誰にも理解してもらえず、憤懣やるかたない想いや悲しいおもいをしたものでした。

「憤懣やるかたない」は、さすがにちょっと大げさですが、今ごろになってこんなことを書いているのは、それが理由なわけです。

 

そうは言っても、大人気だったビクトリーム様の「ベリーメロン♪」なんかは、おとなの目には何がどういいのか理解不能でも、私も大好きだったんですけどね(笑)

f:id:kagaminonakanoalice:20190225061119p:image

アレはいいんです。でも《金色のガッシュベル》は、それまで子供の心理をストレートに描いてファンに支持されてきた特別なアニメだったのです。

それなのに、ゾフィス戦のクライマックス辺りで、「それは違うんじゃないの?」って方向にいっちゃったんですよね。

では、当時の私がどこを「違う」と感じたのか、裏切られた気分になって続きを観ることを拒否したのか、その理由を具体的に説明していきます。

 

 

これを読んでるのは大半がオトナだと思うので、一般的なおとなにもわかりやすいよう、ゾフィス戦でのブラゴとシェリーから例に挙げてみます。

ゾフィス戦で、敵の作戦に動揺していつもの強さをなくしたシェリーお嬢さまに、ブラゴの “右ストレート” が炸裂!

f:id:kagaminonakanoalice:20190225061243p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190225061309p:image

グハッ!(効果音は嘘ですw)

親友のはずだったココに、じつは昔から心の中では裏切られていたと告白されて、心の力が弱くなったシェリーはいつもの高いプライドも強さも失って普通の女の子に…💦

これはゾフィスの作戦だったのですが、ショックで戦闘不能に陥ったシェリーに対し、ブラゴは「ふざけんな!目を覚ましやがれ!」とばかりに右ストレートをくらわせます。

ここいらへんのリアリティは、アニメというフィクションをオトナの目で観た場合には、十分にうなずけるだけの真実味があります。

ブラゴのキャラならあのくらいやるだろうなとか、なんのかんの言ってもシェリーも若い女の子なんだし…とかですね。

 

そもそもブラゴというキャラは、三下ふぜいの魔物とは格が違うので、強い力を持っているからやりたい放題するような魔物ではなく、筋を通すことにこだわるようなタイプの魔物なのです。

一般的なレベルのおとなの読解力に照らし合わせても、フィクションの世界で、ブラゴのような魔物がパートナーの女子の顔を『拳で殴る』のには、それ相応の理由があるはずです。

ブラゴがシェリーを容赦なく殴り飛ばした理由は、この両者がこれまで築いてきた強い絆あってのブラゴの怒りであり、相棒への要求であって、男前なシェリー姉さんはこれで覚醒していつもの自分を取り戻すわけですね。

…というふうに私は考えていたのですが、本編では、か弱い女の子になっちゃった無力なシェリーに呆れてブラゴは彼女を見放し(たように見え)、シェリーは自分とココとの「信じられる大事な記憶」によって自力で覚醒します。

これ、ぶっちゃけ「この辺りの展開ってこんなだったっけ?」って、首をかしげながら観てしまいました。

だって、か弱い女の子になったシェリーは、二重人格か?ってぐらい別人だったのに、私の記憶にはぜんぜん残っていなかったのです。

ここで一時的に別人化したシェリーよりも、明らかにもっと完全に別人化してしまったキャラのインパクトのほうが大きすぎて、シェリーの変貌ぶりは私の記憶には残ってなかったのでした。

 

そんなこんなでシェリーとブラゴが大ピンチになって、仲間(じゃないけど)が駆けつけてみんなで助けてくれるのは、子供向けアニメのお約束として良しとしましょう。

でも、鬼のシェリー姉さんが女の子しちゃって攻撃呪文が発動しなくなるのは、平成も終わりに近い今の感覚だと、それ自体ちょっと違和感ありそうですよね。

いやいやあのシェリーがそこまで弱くはならないでしょ?とか、その延長でブラゴがシェリー殴るのはいらなくない?って思うひとなんかも結構いそうです。

こういう世代間の意識のギャップの問題は、「そういうもの」として、いったん分けて考える必要があると思います。

アニメのガッシュベルを制作していた当時のアニメスタッフの大半は、年代的にバブル期以前の昭和の生まれだと考えられます。

となると、昔のドラえもんと今のドラえもんが、原作に沿ってはいてもちょっと違うみたいに、アニメ制作スタッフの世代の違いによる、異なる意識や見解があって当然だと思うんですよね。

 

 

これらを踏まえて、今度は途中から完全に別人化したゾフィスについて検証していきます。

ゾフィスのキャラは、この辺りまでは邪悪さとお上品さが売りでした。

f:id:kagaminonakanoalice:20190225061855p:image

一人称は「わたし」で、デスマス調で話すタイプのキャラです。

でも、ブラゴ達との決戦が始まると、シェリーの唐突な「か弱い女の子化」同様、ゾフィスもひと(魔物)が変わったようになります。

しだいに声を荒げて「ふざけんじゃねぇ!」だの「くたばりやがれ!」といった、ゾフィスとも思えない粗暴なセリフを連発するようになります。

「ふざけやがって」なんかもそうですが、これはブラゴみたいな武闘派キャラのセリフなわけで、本来のゾフィスのセリフではありません。

シェリーの女の子化以上に、何か違うという違和感が半端なく大きくなってゆきます。

この戦いの辺りから、アニメには少しずつ「これまではなかった勝手なオトナの観点」みたいなものが混じってきます。

たとえばガッシュが「てめえ、ぶざけてんじゃねえぞ」などという粗暴な言葉づかいをするようなことがあったら超違和感ですよね?

ガッシュの「昔のサムライもどき」の独特な言葉づかいの理由はわかりませんが、ガッシュがアレ以外の言葉づかいをするのは変ですよね?

ゾフィスの場合にもそれと同じような違和感をおぼえたわけです。

もともと「くたばりやがれ」なメンタリティのキャラだったのが、カッコつけて上品ぶってたというよりは、追いつめられつつあるなかで逆上したみたいな描き方で、ここが引っかかったんですよね。

すなわち「ガッシュたちの共通の敵に相応しい悪役のゾフィス像」になるように、子供にもわかりやすい野卑た言動にわざと転換したような、アニメ制作側の作為を感じたのです。

私は原作を読んだことがないので、この辺りは原作ではどうだったのか全く知りません。

私の記憶からは完全に欠落していたにせよ、それでもシェリーとココ、シェリーとブラゴの絆なんかはまだ本物らしさというか、それまでの基本のトーンから逸脱した感じはしませんでした。

がしかし、そこに少しずつオリジナルとは異質な別の観点や、制作側の意図みたいなものが重なって、混沌とした様相を呈してくるようになるんですよね。

ここまでずっと基本的に純粋な子供目線を基準に描かれていた物語に、唐突に無関係な「おとなの都合や事情」といった不純物が混ざりだしたことを、当時の私は敏感に察知したのでした。

 

 

戦いが大詰めになってくると、ゾフィスはこれまでとは打って変わって知性のかけらもない粗野なセリフを連発したり、子供ウケを狙ったのか変顔も見せたりするようになります。

f:id:kagaminonakanoalice:20190225062041p:image

途中から一人称が「俺」になったり、どうせゾフィスのファンなんかいないだろう(?)から、ここへきて別人みたいな言動をしようがやりたい放題です。

ガッシュ達だけでなく、か弱い女の子状態から復活して、いつものお上品だけどコワいお姉さんに戻ったシェリーとブラゴの攻撃呪文も炸裂して、追いつめられたゾフィスは、それでも最後の抵抗を試みます。

f:id:kagaminonakanoalice:20190225062315p:image

そして、ゾフィスがココの記憶を盾にして、いったんシェリーに勝ったつもりになるのですが、悪魔のごとき形相とオーラで迫ってくるブラゴがマジ怖すぎて、泣いてごめんなさいするはめになります(おいおい💧)

f:id:kagaminonakanoalice:20190225062254p:image

よほど怖かったのか、この後のゾフィスは、涙腺全開になっちゃうわ叱られたお子ちゃまのごとくしゅんとするわで、別人と化して反省のポーズを見せたりもします💧

f:id:kagaminonakanoalice:20190225062453p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190225062505p:image

これが興ざめもいいところだったんですよね。

いや、それ大人の勝手な妄想で、あのゾフィスがそうはならないでしょ⁈

この辺りまでくると、違和感どころじゃなくて、もはやゾフィス別人になっとるやん…と呆れるほかありません。

でも、ここに先刻の世代間意識のギャップを持ち込むと、当時の大人の側はノープロブレムだったりするんですよね。

ノープロブレムな世代のおとなの目には、強いシェリー姉さんが唐突にか弱い乙女化しようが、ゾフィスがまったくの別人化しようが、ぜんぜん違和感なく映っていたりするようです。

ゾフィスが自分の非を認めて反省したのなら「“殊勝な態度”になるべき」で、それが「正しい子供」像だし、子供なら怖かったり叱られて泣いたりもするのも当たり前だろうみたいな感覚?

ゾフィスはブラゴが怖かったから、今だけおとなしくしてみせただけなんじゃないの?って、大抵の子供はそう考えたんじゃないかと思うんですけどね。

 

 

当時、このアニメを作っていたオトナの皆さんには、子供には「子供だましが通用する子供であってほしい」という勝手な思い込みや幻想なんかがあったのではないでしょうか。

今でもよくあることですが、でも、そういうのを察知した子供の側は、「何にもわかってないな」と呆れるか、反省したフリだけしておけば大抵のことからは逃げられる、といった誤った認識を持つようになったりすると思うんですね。

この時のゾフィスのように、子供がいかにも反省してるふうに見える時ほど、わざとそうして見せてるポーズなんだって、かつては自分もそうだったのを忘れたんですかね?でも子供って、そういう生き物ですよ?

これは好きだし、全然いいけど、

f:id:kagaminonakanoalice:20190304123221p:image

コレはコレ、あれはあれです。

ギャグで許せる部分と「綺麗ごとで台無しにされた押しつけがましいリアリティは別」なんです!

子供には子供の理屈があって、おとなの理屈は子供には通用しないんです。

ベリーメロンを歌って踊るのはOKだし、ガッシュの影響でブリが好物になるのもアリです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190226015338p:image

でも、あれだけやりたい放題してきたゾフィスが、1回ブラゴに負けたぐらいで、手のひらを返して殊勝に反省したりなんかするもんかい!って、その「嘘くささ」を押しつけてくるおとなの論理に私は我慢ならなかったんですよね。

ここは意地でもゾフィスには「今回は負けたけど次はそうはいかないからな!」と、表向きは殊勝なふりをしていても、心の中では意地でも強がってほしかったところです。

でないと、これまでゾフィスがやってきた残虐非道な悪事のあれもこれもすべてが薄っぺらく、かつ嘘っぽく見えてきませんか?

キャンチョメやティオやパティなど、いま観ても本気でイライラしてくるほどワキの子供キャラの感覚や言動が本物らしく描けていただけに、余計に「コレは違う」感がハンパなかったんですよね。

だから、アレはおそらくアニメのスタッフが勝手にやったことで、原作はここまで酷い展開ではなかったんじゃないかと勝手に思ってるんですけどね。

ここまでを『おとなの事情①』として、昔の私をブチ切れさせて続きを観るのを拒否させた理由とします。

 

『おとなの事情②』は、おそらく「尺が残り少なくなっていて “巻いた” んだろうな」という、今ならわかるアニメ制作側としては不可抗力でしかなかっただろう実際的な理由です。

オトナになった今の目で久しぶりに観た《金色のガッシュベル》は、面白かったのはやはりゾフィス戦あたりまでで、この後はラストへ向けてのインターバル的な回が続きます。

次の回は「新春スペシャル♪華麗なるVよ再び」ですから、今みても明らかに子供ナメてましたね。

これで本当に「あれでゾフィス編は終わりなわけ⁈」という落胆が、ならもう続きは観なくていいやと思わせてしまった理由なんですよね。

今回ようやくゾフィス戦の後の続きを通しで観て、テッド君は可愛かったけど、やはり他のキャラはどれもイマイチ描ききれてなかった感が否めませんでした。

つまらなくなった理由は他にもありました。

当時の私は気づいてなかったけれど、例によってガッシュベルも、アニメが原作に追いついて脚本が間に合わずにアニメオリジナル化するほかなくて、それで脚本が変わって暴走したんですよね?

たしかにラスト近くの怒涛の駆け足展開は今みても何が何だか……💧

てゆーか「あと何回で終わらせるぞ!」という無理矢理な空気感みたいなものが、内容以上にひしひしと伝わってきて、あれがいちばん問題でした。

いっそアニメはゾフィス戦までで終わっておけばよかったのに…仮に現場ではみんなそう思っていたとしても、出版社やスポンサーという大人の事情がそれを許さなかった可能性も否定できません。

それが原因で大暴走というのはありそうな話だし、FA以前のアニメ鋼の錬金術師もそうでしたが、原作が途中からアニメオリジナル化するとロクなことにはなりません。

こうした事情は子供にはわかりませんが、おとなになればそれなりに察しがつくものです。

ま、それでもやっぱりゾフィスが殊勝に反省してるふうな展開のラストは許せなかっただろうと思いますけどね。

 

 

許せないと言えば、シェリーとブラゴのコンビが土壇場で現れたあのクライマックスも、なんだかなぁでしたよね💧

いくらあのコンビがダントツで強いからといって、あのデカい魔物の動きを、唐突に現れたブラゴとシェリーだけで止めてみせるというのは…それ、やったらあかんやつでしょ?

しかも足止めを成功させたら、後はガッシュと清麿に任せてそのまま去ってゆくというのも、最後はご都合主義を優先してまとめてみました感がてんこ盛りで、ここでもやっぱり子供ナメてましたよね?

ハマってた当時に、ちゃんと最後まで観ていたらテレビ投げてたぐらい、とにかくあのラストはありえないほどグダグダでした💧

このあたりはネットで調べても、アニメのアレは別物と考えて「100話以降は原作を読め」的な意見がほとんどだったし、似たような考えのファンや視聴者もかなりいたようです。

 

かくいう私も、いまだに原作は読んでませんが、アニメのガッシュベルを台無しにしたのは作者じゃないと信じていますけどね。

金色のガッシュベル》の原作は、そのくらい登場する魔物の児童心理を上手に描いていて、単なるアニメやマンガの域を超えた作品でした。

個人的には、この作品は児童文学としても十分に通用したのではないか…と私は考えています。

その作者が描いていて、まさかこんな酷いラストにはしないだろう…というのが正直な気持ちなので、ゾフィス戦のラストが、じつはほぼ原作どおりだったりなんかすると、残念だったじゃ済まない話になってくるんですけどね💦

f:id:kagaminonakanoalice:20190304123332p:image

だって、あのゾフィスが子供らしく「ごめんなさい」するなんて、ティオを裏切ったマルスのパートナーのモブおじさんなんかと同じような扱いなんですよ⁉︎

王を決める魔物の戦いをおのれの私利私欲の追求に利用しようとする『悪い人間』のモブたちとゾフィスが同レベル?

彼らは戦いに負けて本が燃やされてしまうと、異口同音に「俺が悪かった!謝るから殺さないでくれ」と叫んで逃げ出したんですよ?

セコい悪事をはたらくのがせいぜいで、魔物というツールを使えなくなった途端に逃げ出すような彼らのメンタリティはその程度で、だからモブの小悪党あつかいだったわけです。

そんな連中と魔物のゾフィスが同等だったりしたら、ゾフィスのせいで苦しむことになったたくさんの魔物たちや、シェリーやココだって馬鹿みたいに思えてくるんじゃないですか…💧

f:id:kagaminonakanoalice:20190304123343p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190304123357p:image

石板に閉じ込められていた1000年前の魔物たちを蘇らせて配下に従え、月の光という特別な魔力を手中にしていてさえ、それでもゾフィスの正体は「単なる小悪党」にすぎなかったのでしょうか?

所詮ゾフィスは、ガッシュやブラゴの敵となれるような器ではなかった…それは事実かもしれません。

だからといって、ゾフィス戦のラストでブラゴたちに負けたら途端に別人と化したゾフィスは、あまりにもお粗末だったんじゃないのか…と。

 

2月いっぱいかけて、駆け足でどうにか最後まで通しで観たアニメ《金色のガッシュベル》の感想は、やはり昔も今も変わっていませんでした。

ゾフィス編のラストでは、今回もまた、さじだけでなく、ナイフもフォークも箸もまとめて投げてやりたい気分でした。

べつにゾフィスなんてどうでもよかったんだけど、子供相手ならアレでいいだろう?って感じが、いま観ても許せなかったんですね。

我ながら、おとなになってもたいして成長してないなと思う反面、ベリーメロン♪ を歌って踊っていた頃から、私ってばこういうことを考えてたのか…と再認識した次第です(笑)

 

 

 

 

 

 

「マイユのマスタード」がスーパーの棚から消えた話

 

 

私にとって、マスタードと言えば、やっぱりマイユの《ディジョンマスタード》です。

知らないひとのために簡単に説明すると、フランスで作ってる瓶入りのマスタードです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190222035308p:image

国産品でわりと味が近いのは、コンビニで肉まんにつけてくれる使いきりサイズのカラシか、ホットドッグ用の黄色いプラ容器入りのマスタードです。

和がらしにはない、黄色い洋がらし特有の酸味がポイントで、なにしろ『燃えさかるぶどう汁』ならしいマイユのマスタードですから、そのへんのカラシには真似できない美味しさなのです。

サンドイッチにこれを使うと、サンド自体のグレードが上がる感じがします。

小栗旬のCMでお馴染みの《ザ★シュウマイ》にコレをつけても最高で、たちまちヤミツキです♪

f:id:kagaminonakanoalice:20190222041823p:image

スーパーで売ってる、自分でレンジで温めて食べるヤマザキの肉まんにも、やっぱりイチオシはディジョンマスタード

明らかに国産のチューブの練りからしとはモノも味も違うんです!

f:id:kagaminonakanoalice:20190222035410p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190222035314p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190222035336p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190222035353p:image

 

そんな大好きなマスタードがスーパーの棚から消えた理由ですが、ひとことで言うなら「アベノミクス」が失敗しているせいです。

デフレが良くない。そのせいで給料が上がらない。物価も上がるけれど賃金も上げてアベノミクスで経済を立て直す…そういう話でしたよね?

しかしフタを開けてみれば、賃金の上昇はアベノミクス偽装によるデータ改ざんのまやかしで、急激な円安のせいで輸入産業は大ダメージ&原料価格高騰により、ありとあらゆる商品の値上げが続いています。

しかも原料価格や仕入れコストが上がっただけで賃金は上がってないわけだから、これって物価が2倍速で上がってるようなものなのでは?

賃金のほうもきちんと上がっていれば、割高でもコレを買うひとがいるんだから、仕入れしないなんてことにはならなかったと思うんですよね。

 

近くのスーパーでマイユ製品を扱ってるのはそこだけなので、その店ではもともと一定数存在するファンや顧客のニーズに応えて置いていたのだと思うのです。

例えばレトルトカレーなんかも、ディスカウント専門の店でもない限り、しょっちゅう安売りする商品とは別に「少しお高め」のものも扱うのが昨今の主流みたいになっていませんか?

これって多分、きちんと賃金も上がっていれば、顧客の選択の幅が広がって、売り上げが見込める戦略あたりだったんじゃないかと思うんですよね。

でも、賃金の上昇はまやかしでした。上がったのかもしれないけれど、年収1000万以上とかの層で上がっていたところで、スーパーで買い物する大多数の人々とは関係ありません。

お値段すえおきのものも、内容量が減らされたり、原材料のグレードを落としてコストダウンしているので、実質的には値上げと同じことです。

市販のボディソープやシャンプーや入浴剤などになると、もはや原料の品質をどこまで落としたのか、明らかにヤバいので使用中止にしたものもあります。

まだギリギリ頑張ってる印象の国産の食品関係も、インスタント食品や調味料あたりから、じわじわと余波がおよんできているようです。

 

私はキャンベルというブランドのオーストラリアで作っている缶入りスープも好きなのですが、こちらもここ数年で、スーパーで手に取るのを躊躇してしまうくらい価格が上昇しました。

輸入品は関税がモロに響きますから、スープもマスタードも、仕入れ価格の高騰による値上げが待った無しだったのでしょう。

スーパーの棚から在庫が消えてしまうと、「今後の仕入れ状況はわかりません」と言われてしまう始末でした💧

 

このご時世に、フランスだのオーストラリアだの贅沢ばっか言ってんじゃねえよ!

そう思うかもしれませんが、どっちもそんなに高価なものではありません。

マスタードは 108g入りで税込250円くらいです。国産のチューブ入りカラシ2本分程度の価格です。

缶入りスープも KALDI あたりならこちらも税込250円ぐらいですか。

しかもこれらは現在の価格なので、以前はもっと安く手に入ったのです。

スープは缶と同量の水か牛乳で2倍に薄めて温める製品なので、分量換算だと自販機の缶入りポタージュよりもまだ安いんです(値上げ前はもっと安かった)

どちらもフランスやオーストラリアのスーパーや小売店で、庶民の食材として普通に売られているものです。決して高級スーパーの高級食材なんかじゃないんです!

 

たかだか数百円の食材で大げさな…そう思うなら、値上がりしているのはマスタードとスープだけじゃなく、私たちの生活に必要なほとんどすべてのものだという現実を直視してください。

そういう普通のスーパーで手に入る「庶民の食べ物」や日用品なんかが、アベノミクス偽装の裏側で、止むに止まれずガンガン値上げされているのが実状なのです。

安倍政権め…これでさらに秋には消費税を上げるってか?

ふざけんなよ!大企業や富裕層の税金から今より少し余分に徴収したら、消費税上げなくてもぜんぜん平気だって計算が出てるらしいのに、なのにわざと消費税のほうをあげるってか?

アベノミクス偽装で賃金の上昇は大嘘だってバレたのなら、ただちに消費増税やめます!ってなるのが当然なのでは?

今だって十分やりたい放題してるんだから、安価なマスタードや缶入りスープみたいな庶民の楽しみまで奪わなくたっていいでしょ?

私はマスタードと缶入りスープだけど、同じようなおもいしているひと、きっと私の他にもいると思うんですよね。

 

賃金が上がっていると見せかけていたごまかしが露呈しても、このまま消費増税するつもりの安倍政権は、今度はこのタイミングで強引に著作権法改正におよぶつもりみたいです。

そっちでもめてる間に、着々と増税の準備を進めてしまおうって算段ですよね?

今回の消費増税にポイント還元を盛り込んだのも、事前に必要なその準備や整備ににとりかかってしまえば、もう後に引けなくなって増税やめるわけにはいかなくなるし?

 

アベノミクスがアホノミクスと呼ばれだした頃は、ここまで酷くはなかったという意味で、今よりもまだずっとマシだったんですね。

もはやクズノミクスと化したろくでもない政策がいまなお続いているせいで、この国は日に日に暮らしにくくなってきています。

いじめや子供の虐待とか、あおり運転なんかの増加も、原因は安倍政権の富裕層優遇の弱者締め付け政策のせいな気がしてなりません。

一向に改善されない低賃金の非正規問題、過重労働etc.キレる原因や理由なら多すぎるほどあります。

政権の長期化と平行して悪化する人心の荒廃と、この件とがまったく無関係だとは思えない…そう考えるしだいです。

 

 

 

 

 

 

 

2月22日の今日は『猫の日』

 

 

猫の日(ねこのひ)は、日本の『猫の日実行委員会』が1987年に制定した記念日で、2月22日に定められています。

f:id:kagaminonakanoalice:20190222234059p:image

 

じつは『猫の日』は世界各国で制定されています。

★ロシアは 3月1日

アメリカは10月29日

動物愛護団体や国際動物福祉基金が決めた『世界中の猫の日』International Cat Day (World Cat Day) は 8月8日

★ヨーロッパの国の多くは 2月17日を World Cat Dayとしているそうです。

(参考文献 Wikipedia 猫の日

 

見事にバラバラで、その日に決めた根拠はなんやねん?という感じw

f:id:kagaminonakanoalice:20190222234113p:image

日本の『猫の日』に 2月22日が選ばれた理由は、「にゃん」「にゃん」「にゃん」なら「2」「2」「2」で猫の日って、誰でも知ってますよね。

知らなくても、今日が『猫の日』だって言われたら、日本人なら大人から子供までみんなピンときますよね?

世界中の猫の日も、そういう決め方だったらおもしろいんですけどね。

 

だから何なんだ?って話ですが、ここのブログ名にも、管理者の名前にも『猫』が入ってるんで、ちょっと記念(?)に書いてみただけでした〜ッ💦

 

 

 

 

 

対立が激化する日本と韓国の国民感情を操る何者かについての考察

 

 

まずは日本会議」のチラシを鵜呑みにしていた安倍首相の“改憲理由” というヤフーニュースと、韓国国会議長が連発する無礼な発言報道の印象とが妙にかぶる理由について分析してみます。


ヤフーニュースは、立憲民主党の議員が、安倍首相が改憲の理由としてたびたび使う「自衛隊員の息子が『お父さんは憲法違反なの』と涙を浮かべながら言った」という話は事実なのか、と問いただした、と始まります。

 

議員が「私の実感と違うんですよ。私は、小中学校とずっと自衛隊の駐屯地のそばで育ち、たくさん自衛官の息子さんがいて、こんな話が出たことがないんですよ」という意見を表明すると、安倍首相はいきり立って次のように返してきたそうです。

「私が言っているのは嘘だって言っているんでしょ、あなたは。本当だったら、どうするんです、これ。あなた、嘘だって言ってるんだから!」

議員が「いつどこで聞いたのかって聞いてるんですよ。例え話なのか、実話なのかと聞いただけじゃないですか」と問い直しても、安倍首相はまともに答えようとせず延々とキレ続ける。

「こんなに時間を使って私に対して嘘だと言っているというのは、きわめてひどい話だと思います。あまりにもですね、全面的に人格攻撃ではないかと思う……」そしてあげくの果てに、「私が嘘を言うわけはないじゃないですか!」と言い放った、とありました。

 

もう少し安倍さんのセリフを簡潔に編集しても意味は通じると思うのですが…。

私がこういうことを考えだした辺りで、安倍首相が「嘘」をついたわけではないという小見出しをつけて、次のような説明が入ります。

 

いまから半世紀近く前、当時は「日米安保条約があると日本が再び戦争に巻き込まれる」と考えるいい大人がいたらしい。だから、安倍首相は嘘をついているのではなく、遠い昔の話をしただけなのだ、と。

さらに、「問題は、安倍首相が嘘をついたかどうかではなく、頭の中が時代の変化に合わせてアップデートされていないことなのだ。これは非常に恐ろしいことでもある。内閣総理大臣たる者は、常に時代の流れに目を配り、時勢を読み切り、その時々で最適な判断しなければならない。それがまったくできていないことが、このやり取りで判明した」

平成も終わろうとしている今、自衛隊を“憲法違反”だと問題視する国民がどれだけいるだろうか。内閣府が昨年おこなった「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」によれば、自衛隊に対してよい印象を持っていると答えた人が89.8%。一方、悪い印象を持っているという人は5.6%しかいなかった(ここまで一部原文のまま)

 

要するに、ほぼ9割の人間の意識は自衛隊に悪印象を持たず、日本政府も従来から自衛隊は「合憲」という立場だったと記事は続きます。

「ではなぜ、いま改憲の必要があるのか」と、まだまだ続くのですが、この辺りで、ほとんど常軌を逸しているとしか思えない最近の韓国メディアの報道や、顎の肉がたるんだおじさんの顔が頭の隅をチラつくのは私だけでしょうか。

特に安倍さんが「私が嘘を言ってるっていうんでしょ⁈」とキレたくだりは、韓国の政治家や韓国メディアお得意の慰安婦関連の大騒ぎやレーダーを向けた向けないのアレと非常に印象が重なります。

この記事を書いたひとが、故意にそういう印象を与えるような書き方をしたのかどうかまでは知りませんけどね。

f:id:kagaminonakanoalice:20190221074423p:image

 

慰安婦像に関しては、最近、韓国国内や外国に設置した慰安婦像に、落書きやイタズラされる事件が頻発しているらしいのを知っていますか?

外国に設置した像はともかく、国内の像に落書きやイタズラをするのは、やはり韓国の自国民だと考えるべきでしょう。

では、そうする者たちの目的や真意とはどのようなものでしょうか?

他にも、韓国軍が戦時中におこなった婦女暴行や虐待や虐殺は棚上げにして日本だけを責めるのはおかしいとか、他の国は責めずに日本だけを例外的に敵視するのはおかしい、などと発言する、常識的な歴史観や倫理観を持つ人たちも存在するようです。

どういうわけか、日本のメディアはこういうことは一向に報道しないのですけどね。

国家戦略として、韓国政府がどれだけ反日教育に血道をあげようとも、大人になって留学なり仕事なりで訪日したり、日本人と直に付き合ったり、ネットで自国の歴史を他国の視点から眺めて矛盾やごまかしに気づくことまでは阻止できずにいる、ということなのでしょう。

その逆もまたしかりで、こうなると、日本のメディアの偏向報道に乗せられて、韓国人を一括りにして大声で嫌韓を唱えるのもどうかと思いませんか?

 

 

たしかにメディアが伝える韓国の政治家や一部のネット民の考え方や意識は、常軌を逸しているとしか思えません。

しかし、ウィキペディアの「慰安婦像」について読んだことがあれば知っていると思いますが、韓国でも像の設置に反対した人びとは一定数存在します。

またWikiには、像の製作者は反日のみならず反米主義者でもあるらしいとの記述もあります。

普通に考えるなら、像の材料費や制作費、設置費用などが相当にかかっていそうですが、お金はどこから出ているのでしょうか?

外国での設置は別にしても、国内だって許可なく設置できるとは考えられませんから、これらの問題を解決可能な何者かがバックについているわけですよね?

また、日本だけでなく、韓国にだってネトウヨもどきもいれば、政府のやり方や議員や官僚に対して、批判的な意見のひともいると思うんですよね。

彼らの反応や言い分だってあるはずなのに、どういうわけか韓流アイドルの情報は入ってきても、そっちはほとんど聞こえてきませんよね。

これも私には不思議なんですが…。

 

慰安婦問題については、戦時下での占領軍の軍隊による女性の強制連行はあっただろうと私は考えています。

だから日本は韓国に賠償なり基金設立の援助なりをしたのだと思うんですよね。

その一方で、日本側には慰安婦の強制連行は就業詐欺だったという意見もあります。

要するに、強制的に集められた慰安婦の中には、仕事内容を偽って誘拐同然に連れて来られたケースもあるというもので、今なお続く怨恨は、この辺りに深く根ざしているようです。

しかしこう考えるならば、慰安婦問題は就業詐欺で、慰安婦は雇用したのだと主張する日本の側の話も、無理やり拉致されたのだとする韓国人慰安婦の主張も矛盾しません。

韓国側にも、戦時下という背景を考慮すれば、金銭に目が眩んで身内を売るような者や、日本人のせいに見せかけて知人の娘を売るような卑劣な人間だっていた可能性を否定できないと思います。

就業詐欺というのはこの辺りの話で、慰安婦の強制連行をおこなっていた日本軍が、仕事内容を偽って慰安婦を集めたというケースと、それをやって儲けたのは韓国人だったのではないか、という点が問題視されてきたようです。

実際にはどうだったのか、どの程度まで解明されているのかは知りませんが、ありがちなところで、日本側は悪評高かった当時の日本軍の後ろ暗い過去や罪悪を隠しておきたいのかもしれません。

韓国側にも表沙汰にしては都合の悪い事実があるか、被害者を実際以上に多く見せかけ、何万何十万人に水増しして誇張することで、自国民の被害者意識をあおりたいなどの政治的意図があった可能性も否めません。

 

だからといって国同士で話し合って解決済みの問題を、約束を破棄して一方的に反故にするとか、以前の正しい判決をひっくり返して、今度は徴用工で「また金を巻き上げてやろうとか」、そうしたまともでない手段にでるのは、まともな人間…というか堅気の文明人のやることではないですけどね。

慰安婦問題にしろ徴用工にしろ、もともとモラルの欠落した人々が、品性下劣な現政権のやり方を真似たり、支持しているだけではないでしょうか。

それがさも主流の考えであるかのようにネットで拡散されてゆくうちに、注目されたくて過激な発言をする者や同調者が増えてきて、その段階で既成事実みたいなものを作り上げてしまう…のでは?

韓国人にだって、慰安婦像の設置に反対した人々はいるし、激化する日韓関係を憂えている人々はいるのです。

というか、話を単純化させて互いに相手を敵視させ、それでもしも日韓が国交断絶したら誰が得をするのでしょうか?

誰が何の目的でそういう方向へ世論を持っていこうとしているのか、本当に取り上げるべき論点はそこではないかと思うのです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190221074447p:image

私が不思議に思うのは、何故かメディアは、こういう報道はほとんどしないんですよね。

そのくせどういうわけか、火に油をそそぐだけみたいな過激な報道ばかりをくり返すのです。

これを不思議に思うのは私だけですか?

 

こうなると、韓国だって似たような状況にあると考えるべきだと思います。

嘘つき呼ばわりされたら言い返せ!判決を撤回させて謝罪と金を要求しろ!過去を何度でも蒸し返して、自分のことは棚に上げて、とにかく相手側を責めて謝罪と金を勝ち取れ……日本側から見ると、韓国ってそんな感じなんですが、それって誰の命令なんですかね?

私がそう思うぐらいだから、韓国にだって、これはちょっとおかしいだろうとか、何者かの作為じゃないかと疑っている人間もいるのではないか思うんですけどね。

日本側にしても、もっとこういう意見が出てきて良さそうなものなのに、向こうがそう来るならやり返せ!無礼で厚かましい連中とは国交断絶しろ!…って、これも誰が何の目的で日本人を煽ってるんですかね?

メディアやネットの偏った報道にお手軽に乗せられる前に、「何かおかしくないか?」って、誰もおかしいと言わないのがそもそもおかしいと気づくべきではないでしょうか。

 

 

さらに言うなら、昨今の何でもかんでも共有や拡散して、感動も怒りもネットでみんなで共有するのが当たり前みたいな風潮も、あれもなんだかおかしくないですか?

家族や友人知人と写真や情報を共有するというならわかりますが、誰だかわからない相手に勝手に情報や意見を共有されるのって、いいことばかりじゃないと思うんですよね。

ましてや個人的な感動や怒りを、無関係な人間たちが自分のことのように共有して、ネットで拡散して仲間を増やして、場合によっては叩き放題に叩くとか、誰があれを始めたんだろうって疑問に思ったことないですか?

みんながやってるからって、深く考えずに参加してるひとがほとんどだろうと思うけど、一体『誰がこのシステムを作ったんだろう』って、一度でも考えてみたことはありますか?

新しいところでは、著作権法改正でスクショも違法になるとかで、海賊版対策にとどまらない事態に、これまで被害にあってきた当のマンガ家までもがやりすぎだって反対してるけれど、あれも不思議なんですよね。

やりくちが共謀罪の時とそっくりで、こういう時だけ議論もすっ飛ばしてサクサク話を進めて、勝手に法案とおして強引に成立させるわけです。

あれを成立させて、じゃあ「誰が得をするのか」って思いませんか?

共謀罪の時と同じで、狙いは「公権力による有無を言わせぬ規制の強化と捜査手法や権限の拡大」あたりですか?

何でもかんでも規制して、マンガ家たちの知的財産を守る建前で、実際には「公権力による支配と権限の強化」が目的だとしたら、国民に対する許し難いごまかしもいいところですよね。

 

安倍首相の、6割の都道府県が自衛隊員募集の協力拒否という、故意なのかただの勘違いか、調べればここでもデータ改ざんが疑わしい矛盾ばかりの「だから改憲が必要」というアレにも、いいかげん辟易させられます。

国民がアレを鵜呑みにしてくれるのを期待して、「だから改憲が必要」という方向へもっていきたかったみたいだけれど、実際には安倍信者を除けば「データの改竄も大概にしとけよな」という意見が大勢を占めているわけですよね。

当然「安倍首相の言うことは信用できない」という意見が多数派なのに、ここへ来てまたデータ改ざんと印象操作ですか?

そもそも安倍政権お得意のメディアを使った印象操作にしたって、韓国の反日報道といい勝負だと思うんですよね。

たしかに天皇陛下の謝罪を要求したような無礼な馬鹿者(失礼)韓国国会議長は、ひょっとしたら本当に頭がおかしいのか、そうでないなら何か別の目的があってわざとやってるのだろうと思います。

でも安倍政権の言うことや、やってることだって、相当にろくでもないことも多いわけで、あんたらだって他人のことを言えるのか?というレベルなのは間違いないと思うんですよね。

「私が嘘を言ってるっていうんでしょ」とキレたらしい安倍さんは、誰がどう見たって安倍政権になってからのデータや公文書改ざんは動かしがたい事実なのに、自分は全く関与してないとテコでも認めない構えだし、追求されたら逆ギレしてうやむやにすることしか考えてないみたいですからね。

今でもこんなていたらくなのに、慰安婦が実在していた当時も「日本人だけは高潔だった」なんてことはあるわけがなく、高潔な人間もいただろうけれど、その逆はもっと数多く存在していたというあたりが事実なのでは?

 

実際問題として、じゃあ日本人がどのくらい高潔なのかと言えば、最近だって幼い女の子を拉致ってイタズラしたりする下劣な教育関係者なんかざらにいるわけでしょう?

いじめの被害者の小学生を、子供と一緒になっていじめる最低の教員に、校長以下の学校ぐるみや教育委員会レベルでのいじめの隠蔽工作もありました。

他にも、精神異常を疑いたくなるほど凄まじいあおり運転の加害者が、被害者が亡くなっていても、裁判で平然と無罪を主張するんですよ?

普通の学生が同世代の女子学生を騙して風俗に売り飛ばしたり、オレオレ詐欺をいいバイトぐらいに考えているバカな学生とか、この国には外面だけ取り繕った中身は犯罪者もどきの人間などいくらでも存在しているじゃないですか。

ネットで韓国叩きをしている人達は、安倍さんと同じで、そういう都合の悪いことは棚上げにして、日本人だけは清廉潔白で犯罪などしない前提で過激な発言をしているように思えますけどね。

f:id:kagaminonakanoalice:20190221074507p:image

 

同じことは韓国にも言えます。

似たような事例は世界中で起こっているわけですから、韓国だけが例外なはずはなく、モラルの低下やそれに付随した犯罪も増加していると考えられます。

政権存続と自分の立場を強固にする為に、票を集めるのが目的で有権者が迎合しやすい反日を売りにするような愚劣な議員は、政治家よりもテレビのコメンテーターとかのほうがお似合いだと思いますね。

何か目的あって無礼で過激な発言を連発してるのだろうと思われますが、もし仮に、韓国の現政権の目論見が日本との国交断絶だとして、首尾よくそうなったとします。

それでメリットを得るのは一体どこの誰なんでしょうね?

少なくとも韓国の一般的な人々は、国交断絶であまり得をするようには思えないんですよね。

わかりやすく日本側の立場で考えてみると、日本人のほうも、韓国で仕事や事業展開しているとか、韓国人と結婚しているとか、旅行の予定なんかがあるわけです。

国交断絶は、ただちに仕事や収益にひびくし、韓国へ入国できないとなったら、会社があろうが家族が向こうに住んでいようが、日本側からは手出しが出来なくなりますよね?

韓国側がその気になれば、これらの日本人の資産その他はどうにでも自由に出来るわけですが、似たような状況に置かれているのは韓国人の側も同じです。

韓国人が日本で商売していても、国交断絶したらもう入国できませんし、会社があろうと、日本人と結婚して子供がいようと、ぜんぶ残して強制送還という事態だってあるかもしれません。

ここにさらに日韓での輸入や輸出の停止もあるわけで、両国ともに国民生活や経済に半端ない影響や被害総額がもたらされると予想されるわけです。

 

これだけの影響力があるわけですから、あの顎肉タルタルおじさんが、自分の一存で日本に喧嘩を売ってきているとは、ちょっと考えられないんですよね。

むしろ背後で糸を操る何者かの手先として動いているのでなければ、外国の皇族にあんな無礼な発言をする政治家は、対外的なイメージが悪すぎます。

日本の天皇陛下に対して無礼な発言をする韓国の議長なら、イギリスの女王陛下に対しても同じようなことをやりかねないわけですから。

少なくとも各国の王族や皇族はそうした印象を受けるか、不快な気分を味わったのではないかと思うんですね。

トランプ氏がアメリカの大統領に就任した当初、エリザベス女王に対する非礼な言動が問題になって、イギリスでもひと悶着あったのを覚えていませんか?

韓国国会議長の発言が、日本国民を激怒させる目的で天皇陛下の謝罪を要求してみせたのでなく、安倍首相の謝罪でもいいと言うのが本当なら、わざわざそんな危ない橋を渡る必要がありますか?

世界中の皇室や王室関係者に、無礼な韓国人の悪評をとどろかせたりしなくても、最初から「安倍首相に謝罪させろ」とだけ言えば良かったのでは?

そうすれば、日本人の大半がムッとする代わりに、ネット界隈じゃ「うるさいから安倍が行ってなんとかしてこいよ。税金から給料もらってるんなら給料分は働け」みたいな声もあがったんじゃないですか?行く行かないは別にして。

でも、あの議長は、では安倍首相が出て行って、お互いに目に余ることを直談判して解決しようじゃないかって言い出したら困るので、絶対にありえないだろう天皇陛下の謝罪要求などという、頭がおかしいとしか思えないような無礼な発言をくり返すのだと思いますね。

じゃあ、誰が何の目的で日韓合意を台無しにした上に、両国の国民がお互いに悪感情をいだくように仕向けているのでしょうか。

韓国の現政権?大統領?

まだまだその先にも誰かいそうな気がしませんか?

 

 

少し話は変わりますが、ここで取り上げたようなニュースなら、ほとんどの人がスマホで読んで、それらの真偽を疑うことなく頭に入れてしまってますよね。

その際のユーザーの選択や思考パターンをスマホが把握して、機械的な統計や勝手な解釈をくわえて、さらに限定的な「関連ニュース」を表示します。

この機能に慣れてしまうと、自分が読んでいるニュースが多数派意見であるかのように錯覚してしまいませんか?

特定の内容…たとえば反日を取り上げた記事ばかり続けて読んでいると、誰もが同じ意見のように感じてしまいがちです。

スマホ自体には、「関連ニュース」の表示に勝手な作為を持ちこむ理由も機能もありませんが、関連ニュースを表示させるシステムを利用する側には、おそらく様々な利害や目的がからんだ「作為が存在する」だろうと思うんですよね。

 

これは「個人的な意見」だと先にお断りしておきますが、スマホの扱いには気をつけないと、我々は気づかない間にスマホで洗脳されたり、操られかねない事態に陥りつつあるのかもしれません。

f:id:kagaminonakanoalice:20190221074532p:image

スマホが個人情報のかたまりであることはすでに周知の事実です。

そこへ昨今ではさらなる利便性やポイントで得する手段などを加えて、今度は日常的な行動から買い物の内容、どのくらいお金を使い、どこへ行き、何に興味があるのか、ありとあらゆるデータが記録され、スマホを通じてサーバーに蓄積されてゆきます。

これらが全く悪用されることなく、正しく管理されて、公明正大な目的にしか使用されないと無条件で信じられるなら、詐欺被害に気をつけたほうがいいと思いますね。

試しにやってみればわかりますが、スマホに自分と全く無関係な地域でのニュースや、興味のない事柄ばかりを表示させるのは至難の技ですから。

 

なんでそんなことをする必要があるんだ?としか考えられないとしたら、すでにかなりの部分でスマホに毒されているのではないでしょうか。

頼みもしないのに、ユーザーが興味を持つとわかっている記事ばかり表示するほうが、どう考えてもおかしいんですよ?

だって、各ユーザーがそれぞれ所持しているスマホでそんなことができるのなら、やろうと思えば、スマホを使ってどんな刷り込みやマインドコントロールも理論上は可能だと思いませんか?

理論が確立されたら、次は実験です。実験をくり返し、うまくいけば実用化されるのがこの種の技術です。

そうやって、以前なら自分でカスタマイズしておこなっていたような設定も、いつのまにか何もしなくてもユーザーが利用しやすいようにデフォルトの機能になっていたりしませんか?

昨今での《カスタマイズ》とは、どうやって極限までスマホの干渉から逃れられるか悪戦苦闘するひと握りの人びとを除けば、逆に自分から際限なく個人情報を提供するような設定を意味しているように思えてなりません。

これを「どんどん便利になる」と歓迎する人々もいれば、「ちょっとやりすぎ。大きなお世話なんだけど…」と感じる少数派もいるわけです。

でもですね、ほんの少しだけ冷静になってよく考えてみれば、「便利さと引き換えに個人情報を提供しなければならない」って、一体だれが何の目的でそれを決めたんでしょうね?

むしろ「ありとあらゆる個人情報を提供しなければ使えない機能ばかり増える」というほうが、考えてみればおかしな話だと思いませんか?

じゃあなんでそうなってるの?

誰が決めたの?

仕組みはどうなってるの?

って、私はそこのところが非常に気になるんですけどね。

 

 

まぁ何故そんなことになってるのかという点ならば、「大多数の人間は自分が信じたいことしか信じない」からだと思います。

知らない間にスマホに洗脳されるのも、反日嫌韓意識を刷り込まれるのも、理屈や仕組みは同じことです。

ひらたく言えば、スマホに触るたびに無礼な韓国人の発言を読まされていれば、嫌韓意識を植えつけられずにいるほうが難しく、気がついたら「国交断絶しろ!」と、プラカードを掲げて叫ぶ人々の群れの中にいる自分を発見するかもしれない…という話です。

 

こういうことを承知で票集めに利用するような政治家が権力を握り、スマホを普及させ、自分の都合を優先してやりたいようにやるのだとしたら、いつまでたっても日韓問題は片付かないし、終わらないわけです。

日本と韓国を見ているとそう思わざるを得ないし、おそらくこれは欧米諸国などでも同じことなのかもしれません。

いったん首相だの大統領になってしまうと、法律や憲法まで自分の都合で変えようとしたり、国民のためにではなく「自分の個人的な損得勘定」で隣国との国交断絶を画策するような下司な人物もいるのです。

まさしく「狂気の沙汰も票しだい」で、われわれ国民は、詐欺師やぺてん師の口車に乗せられることなく、事態がこれ以上悪くならないように、今よりもう少しマシな人物を国の指導者に選ぶ目をもつ必要があるのではないでしょうか。

 

 

『おことわり』

本文と画像には、どのような関連も政治的意図もありません。

スクショが使えなくなる前に、挿絵がわりに保存していた画像を使っただけです。

セレクト理由は「鳴子が可愛かったから」それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まめ猫⑧

 

 

 

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190206221411p:image

おはよ〜!

 

 


f:id:kagaminonakanoalice:20190206221511p:image

どしたの?だいじょうぶ?

 



f:id:kagaminonakanoalice:20190206221659p:image

一緒に寝てみる。

 

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190206221901p:image
-------------------💧

 

 

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190206222153p:image

あ〜なんかコレ、まったりするよねぇ。

 

 

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190206222234p:image

💤💤💤

 

 

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190206222407p:image

またね〜💤