消費税

消費増税よりも、企業の内部留保に課税してもらいたい国民の本音

今、企業が貯め込んでいる内部留保がどのくらいか、知っていますか? 増えに増え続けて、今やその金額は約450兆円とも言われてますけど、とんでもない話だと思いませんか? それだけ儲かっているのなら、そのお金で社員の賃金を上げたり、設備投資をするなり…

「夏への扉」にみる、保険とは合法化された賭博なのか?という概念と、消費税と年金問題

ロバート・A・ハインラインの《夏への扉》という物語を知っているでしょうか。 タイムトラベルを扱った、わりと有名なSFの作品です。 物語の序盤で、主人公が保険会社のオフィスでコールドスリープの手続きをする場面で出てくるのが、タイトルの「保険業と…

もしも消費増税を「延期」するのなら、いっそ「凍結」すべきだと考える理由

消費税の正体は “富裕層優遇制度” だと私は考えています。 消費税とは、立場の弱い者がより多く負担させられる税制だからです。 なのに、「消費税はみんなで公平に負担すべき」だと疑うことなく信じていたり、消費増税が必要だと思い込んでいるひとはいまだ…

安倍政権、増税延期どころか「消費税5%に下げる」案が浮上⁉︎

「安倍首相が減税を決断すれば、今度こそ増税できると準備を進めてきた麻生財務相は完全に面子を潰され、抗議の辞任をするはずです。第二派閥の麻生派が反安倍に回る。さらに岸田派など党内の財政再建派も黙っていない」 って、日経新聞政治部OBの政治ジャー…

こうして歴史はくりかえす。

消費増税、マジでヤバいんです。 これって今お金持ちでない限り、この先もずっとお金に困ることになるシステムだって、ちゃんとわかってますか? たとえば、月給100万のAさんと、月給20万のBさんがいるとします。 買い物したり、公共料金の支払いなどにか…

消費税上げても「いいことないよ?」がよくわかるマンガ

載っているのは《東洋経済オンライン》 「痛みを伴う」消費増税に嫌な予感がするワケ 「緊縮財政病」は思いのほか深刻だ2018/11/10 8:20井上 純一 : イラストレーター、漫画家 という記事です。 「国民に痛みはあたえはするが、成果は上がらない」という見出しの…