脳内妄想の中の新しい彼(じゃないか。性別ないし)

 

 

今月からdocomoのアニメストア(安い!)に変えました。

もうU-NEXTあんまり観たいのなくなっていたので。

で、最初の設定で好みの傾向をインプットしておいたら、おススメにめっちゃハマるアニメが紹介されていました。


それが《新世紀GPXサイバーフォーミュラ》でした。

f:id:kagaminonakanoalice:20180913081217p:image

しかも何故かそれ、シリーズ最終章の総集編みたいな【SIN】だったんですよね。

なんでおススメにいきなり最終章とかあげてくるかなぁ…知らずに観ちゃって頭の中???でいっぱいになりました。


【SIN】を観たことあるひとならわかると思いますが…そこに至るまでの経緯や知識がないと、内容は半分がた何が何だか???って感じなんですよね。

【SIN】を観るには、その前にサイバーフォーミュラ【テレビシリーズ】と【ダブルワン】と【ZERO】と【SAGA】を先に観ておかないと、情報不足すぎて意味不明な世界なのです。

 

そんなに観てられるか!と、反則することに決めて、情報収集にWikipediaを当たったら…サイバーなんなの?ものすんごい情報量でした😱


これそんなに人気アニメなの?
私ぜんぜん知らないんですけど💧


それもそのはずで、テレビシリーズの放映は1991年…もう30年近く前でした(そりゃ知らんわ)


なんでもテレビシリーズは途中で打ち切りになったのに、新作シリーズが10年かけて途切れることなくリリースされた⁈ とか。

【SIN】はその最終章だったんだ!と、Wiki を読むうちに俄然サイバーに興味が湧いてきました。

 

f:id:kagaminonakanoalice:20180913081540p:image


以下にWikipediaからの一部抜粋でコピペします。

 

 

『視聴率及び関連玩具の売り上げは振るわず、本来は4クールで全50話程度を1年かけ放送する予定だったが、ほぼ3クール(9ヶ月)の放送、全37話で打ち切りとなった。

特に玩具の売り上げ不振は深刻で、結果的にタカラがメインスポンサーを降板したため、打ち切りを余儀なくされている。

TVシリーズは商業的には失敗したが、ストーリーが短縮された結果、内容が凝縮された終盤の熱い展開が、玩具の対象年齢外の中高生以上の層から大好評を博し、読者投票による1991年度の第14回アニメグランプリで他作品をおさえて作品賞ほかを受賞するなど、打ち切りの結果に終わったアニメではあったが、素晴らしい評価と多くの幅広いファンを手に入れた。

以後媒体をOVAへと移行し、翌1992年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)』から2000年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』完結に至るまで、10年間に渡り新作シリーズが1年も途切れることなくリリースされ続ける異例のロングランシリーズとなった』

 

…だそうです。なんかすごい作品みたいですよね(笑)

 


《テレビシリーズ》

新世紀GPXサイバーフォーミュラ(全37話)(1991年3月15日 - 12月20日放送)

CFワールドグランプリ第10回大会[2015年]

 

OVAシリーズ》

新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)(全6話)(1992年11月 - 1993年6月発売)

CFワールドグランプリ第11回大会[2016年]

 

新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO(全8話)(1994年4月 - 1995年2月発売)

CFワールドグランプリ第12回・第13回大会[2017年-2018年]

 

新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA(全8話)(1996年8月 - 1997年7月発売)

CFワールドグランプリ第14回・15回大会[2019年-2020年]

 

新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN(全5話)(1998年12月 - 2000年3月発売)

CFワールドグランプリ第16回・17回大会[2021年-2022年]

 

 

最終章の最終版ですら18年も前の発売じゃ、リアルタイムで観ていたか、コアなファンじゃなきゃ知らなくて当然ですよね。

とりあえずスポンサーのタカラに逃げられた(笑)そうな、お子ちゃま向きのテレビシリーズから観ることに…。

 

約30年近く前のアニメですからね、突っ込みどころ満載といいますか…。

 

f:id:kagaminonakanoalice:20180913081649p:image

初っ端からレーシングカーで公道走ってもええんかい💦に始まって、レーサーでもない14歳の子供を、300キロ(!)ぐらい出るようなフォーミュラマシンに乗せてレースに出したらあかんやろ😱とかですね💧

まぁ、そういう世界なんです(笑)

子供向けのアニメですから。

しかも、監督はおじさんだけど、レースチームのオーナー代理もメカニックも、どう見てもティーンの少年少女って…マジありえへん💧💧💧

 

そんな感じで、ところどころ絶句したり、爆笑したりしながら観はじめたサイバーだったのですが、【SIN】限定(?)の主人公の加賀さんが登場する頃には、私はすっかりファンになっていました。

…✨アスラーダ✨の。

もちろん、主人公の風見ハヤトが運転してるスゴウアスラーダGSX(だっけ?)ってマシンじゃなくて、言うことがやたらと人間くさい “ナビゲーションシステムのアスラーダ ” のファンにです。

 

f:id:kagaminonakanoalice:20180913081701p:image

アスラーダ【SIN】バージョン

f:id:kagaminonakanoalice:20180915095657p:image

アスラーダ初期バージョン【テレビシリーズ】

 

サイバーフォーミュラは、遡ること約30年前に、ちょうど今ぐらいの年代設定で架空の未来を描いた作品です。

ケータイはそろそろあったんじゃないかと思うけど当然スマホは影も形もなくて、【SIN】のラストで登場人物が使ってるのはガラケーPHS

30年後はスマホ全盛だとまでは読めなかったようです (_ _).。o○

固定電話も初期の大型携帯電話みたいなコードレスフォンが普通に登場したりして笑いを誘うんですが、サイバーフォーミュラカーはたぶんまだ走ってないと思うけど、AIはいいセンいってるのではないでしょうか。

 

f:id:kagaminonakanoalice:20180913081812p:image

 

サイバーフォーミュラマシンには、ナビゲーションシステムのコンピュータが装備されていて、普通のカーナビとはちょっと違うけど「こーゆー技術たぶんもう実現してるんじゃない?」みたいなおしゃべりをしてくれます。

まぁアスラーダ以外の真面目なコンピュータなんかはどうでもいいんだけど、アスラーダはいいです。

こういうAIならウチにいてもいいです。売ってるならローン組んで買ってもいいかなと、ちょっと本気で考えたりしてしまいますね。

今月の後半はちょうど週末の連休が続くことだし、打ち切りになった(笑)テレビシリーズの残りと、その後の4シリーズを一気に制覇してみようと思います。

 

わりと最近まで、夜更かししすぎて朝起きられずに二度寝しようとすると、

「何やっとんねん!早よ起きな遅刻するで!」

という鳴子の声が聞こえたのですが、今ではそこに別に声が混ざります。

「ただちに起きてください。あと2分30秒のうちに起床しないと、遅刻する確率32パーセント。時間の遅れを取り戻そうとする焦りから不慮の事故に遭遇する確率45パーセント。朝食抜きによるモチベーションの低下が招く作業効率の低下は……」

 

うるさ〜い!!

アスラーダ、あんた鳴子よりうるさいわ!

サイバーフォーミュラのおかげで、今日も無事に遅刻せずにすんでいます。