iPhone コンテンツブロッカーよもやま話

 

 

『コンテンツブロッカー』とは、「広告コンテンツやトラッキングを自動でブロックしてくれる」アプリや機能のことです。

Webページの執拗な広告が邪魔で発狂しそうになっていませんか?

iPhoneにコレを入れれば、嘘みたいに劇的にイライラが解消されます。

f:id:kagaminonakanoalice:20181028203226p:image

iPhoneのコンテンツブロッカーは、iOSブラウザ Safariの『拡張機能』です。

拡張機能なので、自分で設定しないとiPhoneのコンテンツブロッカーは動作しません。

②この機能を利用するには、コンテンツブロッカーアプリをインストールする必要があります。

 

 

iPhoneのコンテンツブロッカーはどこにあるか知っていますか?

iPhoneの設定 → Safariを開く。

②下へ進んで、中段あたりの「一般」カテゴリにあります。

f:id:kagaminonakanoalice:20181027092312p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20181027092320p:image

私のiPhoneには、Androidタブレットでセカンドブラウザとしても使っている、Firefox Focusというコンテンツブロッカーを入れています。

 

 

Firefox Focusアプリのスクリーンショット

f:id:kagaminonakanoalice:20181028233659p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20181028233710p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20181027103759p:image

検索エンジンは選択可能で、iPhoneにはないものも選べるのが面白いかも?

Firefox FocusはiOS版とAndroid版の両方あって、どちらも無料ですが、仕様は微妙に違います。

 

 

『コンテンツブロッカーのデメリット』

Firefox Focusをブラウザとして使う場合、このアプリにはブクマ、タブ機能がなく、スクショが撮れません。

他にも広告料で運営されているサイトが潰れる可能性がある的なデメリットを挙げているひともいます。

iPhoneの場合、Firefox Focusをコンテンツブロッカーとして入れて、ブラウザはSafariを使うぶんには、特に不自由もなく邪魔な広告だけを取っ払って、Webページがサクサク読めるようになります。

これ以上の詳細や評判、レビューは各自で調べてもらうとして(笑)ここからちょっと体験談です。

 

 

常時ログインしっぱなしのサイトでも、CookieJavaScriptをオフにするとログイン出来なくなったり、動画や画像が表示されなくなったりしますよね?

同じことはプライベートブラウジングにも言えます。

うっかりSafariのプライベートブラウズモードでいつものサイトへ行ってしまうと、マイページの代わりにログイン画面が表示されて、門前払いをくらってしまうことも…💧

これはプライベートブラウズモードだと、サイト側が端末のログイン情報を読み取れないのが原因だと思われます。

Firefox Focusをブラウザとして使う場合にも同じことが言えます。

 

1年ぐらい前になりますが、私はコンテンツブロッカーを使っていて「なんで?」という経験をしたのでそれを書きます。

このトラブルは、ほとんどのひとが一度は使ったことがあるグリーやモバゲーのサイトで起こりました。

 

グリーやモバゲーのようなサイトでは、毎回ブクマからマイページへログインしているのに、うっかりプライベートブラウズのまま行こうとすると、ログイン情報入力画面が表示されます。

マイページへ行くためには、プライベートブラウズモードのままではログインできなかったり、行く先々で再度ログイン情報の入力を求められたりします。

他にも、しょっちゅうタブや閲覧履歴を処理していると、うっかり自分でサイトのログイン情報まで削除してしまうことがありますよね。

この場合も、再度ログイン画面でアドレスとパスワードを入力してログイン情報をサイトに入力しないと、門前払いされてしまいます。

Safari → 詳細 → ウェブサイトデータにサイトの情報が残っていれば、履歴は削除していてもログイン出来ますが、全てのログイン情報を削除してしまった場合は、コンテンツブロッカーの扱いには注意が必要です。

コンテンツブロッカーがオンになっていることで、ログイン情報の再登録がはねつけられる場合がある 』のです。

私が試した時点では、グリーはアドレスとパスワード入力で問題なく再ログイン出来ましたが、モバゲーは何回やっても本人確認が承認されず、ログイン画面を突破できませんでした💦

 

正しいアドレスとパスワードを何回入力し直しても、それならばとパスワードを変更して試してみても、とにかく承認されないのです。

運営にメールで相談して、登録している生年月日と歴代のアドレスやパスワードを思い出せる限り伝えて、モバゲー運営がこちらを本人だと認めてくれたのに、それでもこの時はログイン画面を突破できませんでした。

 

その原因は、コンテンツブロッカーにありました。

「ここをオフにすれば問題は解決する」とわかるまで、モバゲーでは原因不明のシャットアウトをくらいまくりでした。

これらは約1年ぐらい前の話なので、現在では改善されているかもしれませんし、場合によっては改悪されている可能性もあります。

セキュリティが厳しくなったほうが門前払いされる確率も高くなるからです。

 

おそらくサイトのセキュリティの相性とか精度の問題で、コンテンツブロッカーをオンにしたままでもログイン情報の再登録が大丈夫なところもあれば、そうじゃないサイトもあるみたいです。

でもこれは利用中のサイトを自分で片っ端から試してみるまではわかりません💧

 

要するにFirefox FocusなどのコンテンツブロッカーをiPhoneに入れたら、履歴やサイトのログイン情報の削除には注意が必要です。

ずっとログイン状態にある間は気づきませんが、いったん何かでログアウトしてしまうと、突然いつものサイトにログイン出来なくなるかもしれません。

その場合は落ち着いて、「一度コンテンツブロッカーの設定をオフして、ログインしてからまたオンにすれば大丈夫」なんですけどね。

 

これはおそらく他のコンテンツブロッカーや、Android版でも同じだと思われます。

邪魔な広告をシャットアウトする機能が、サイトのログイン画面でこちらがシャットアウトされる事態になってるだけなので(たぶん)落ち着いて対処しましょう。

サイト側で原因に気づいて教えてくれる場合もありますが、運営や担当者によっては「アンタが悪いんじゃないの?」的な対応をされることも多々あります。

困った時にこの情報が役に立ちますように。

前に運営していたブログで書こう思いながら、そのまま忘れていたのを思いだしたので、ちょっと書いてみました。