こうして歴史はくりかえす。

 

 

消費増税、マジでヤバいんです。

これって今お金持ちでない限り、この先もずっとお金に困ることになるシステムだって、ちゃんとわかってますか?


たとえば、月給100万のAさんと、月給20万のBさんがいるとします。

買い物したり、公共料金の支払いなどにかかる消費税は確かにどちらも同じ金額です。

10万使えば8000円が消費税です。

15万使えば12000円で、消費税は誰もが一律おなじだけ徴収されます。

 

一見平等に思えますが、収入が20万しかないBさんにとって、5万は貯金にまわすとしても、残りの15万は “ほぼ全て生活費” です。

家賃、光熱費、食費、通信費、交際費等で大半は使い切り(消費され)ます。

ここにさらに市販のサプリや薬だの、たまには外食とかスィーツとか、衣類や靴なども買わなければならないし、不足分は貯金用に残しておいた5万からやりくりすることになります。

でもじつはこれ、収入が20万あるからできることで、もしも収入が15万しかなかったらどうなるか…想像つきますよね?

収入が20万程度あっても、よほどの緊縮財政でケチケチ生活しない限りは、貯金なんて夢なんです。

つまり、月の収入が20万を下回ると、ほぽ全額を消費に回すことになるため、言い方を変えれば、ただ生きてるだけで何をするにも税金を取られまくっているわけです。

f:id:kagaminonakanoalice:20181222122524p:image

 

では収入が100万のひとはどうか?
こちらも生活費は20万とします。

ポイントは、収入が20万ならほぼ全額を使って消費税を取られまくりなのに、収入が100万あるうちの20万だと、収入に対する消費税負担の割合は5分の1でしかないという事実です。

残りの収入の80万には、使わない限り消費税はかかりません。

仮に生活費を収入の半分の50万使って贅沢し放題にしても、残りの50万は銀行に貯金でもしておけば消費税はかかりません。

 

これがどういうことかというと、消費税の負担は『収入が少ないひとのほうが大きく重く、収入が多いひとほど軽くて少ない』ということなのです。

もともとの稼ぎが多い少ないの問題じゃなくて、問題なのは、富裕層と貧困層では『もともと収入に対する実質的な負担の割合が違う』という事実が無視されている点です。

格差社会を作っているのは消費税のこの構造なのです。

 

不平等な税制度だからという理由で、アメリカには消費税がないって知ってますか?

消費税は『みんなが等しく同じ負担だから公平な税制度』だなんて嘘っぱちに騙されちゃいけません。

あれは大嘘なんです。

お金持ちのほうが実質的な税率は低くて負担も軽く、その分のしわ寄せを貧困層や一般家庭の庶民に回すのが消費税のカラクリなんです。

だからヨーロッパ方面は『食品などの生活必需品は無税か低い設定』だし、収入が少ないひと達への影響に配慮して、なるべく公平にやろうとしています。

どこかの国の政府みたいに、民間企業に丸投げした数%のポイント還元でごまかそうなんて悪質かつセコいマネはしていません。

消費税があるからお金持ちはどんどんお金持ちになり、一般家庭や貧困層ほど重い税負担に苦しみ続けるという、これはとっても不公平なシステムなのです。

そして、ちょっと調べればわかることですが、消費税が上がると、決まって大企業などの富裕層に有利な減税が行われています。

いって良ければ、一般市民から集めたお金で大企業や富裕層をさらに儲けさせるシステムが消費税なんじゃないですかね。

 

アベノミクスは一億総活躍社会だって言ってたけど、バブルの頃には、それよりもっと良さげな一億総中流社会だったって話をよく聞きますよね?

これも調べればすぐにわかりますが、昔はこんなに貧富の差がなくて、イコール格差社会でもなかったんです。

だって、消費税が導入されたのってバブル期の終わり頃の1988年なんですから。

その頃までは、たくさん稼げばたくさん税金を取られていました。

収入が少なければ収める税金も少なく、贅沢せずにつつましく生活していれば、みんなそれなりにやっていけました。

 

でも今は、一生懸命はたらいても、節約してギリギリの生活をしていても、毎月赤字の大ピンチのまま、少しくらい収入が増えても事態は改善しませんよね?

それは何故か?

消費税があるからなんです。

メディアはポイント還元の増税対策や、とろサーモンムッシュ・ゴーンのことばっかり取り上げてるけど、本当はこのことを、もっと直接的な利害関係にある国民にきちんと知らせるべきなんじゃないかと思います。

それをやらない、やらせないのが現政権のやり方に思えてなりません。

 

思えば、戦後復興からバブル期までの日本は、頑張れば頑張った分だけ国民の生活は豊かになっていきました。

では、それ以前は?戦争以前の、たとえば江戸時代まで遡ったらどんなだったと思いますか?


戦国時代が終わって、江戸時代にはようやく平和がおとずれましたが、長屋暮らしの庶民や農民、会社勤めの平社員みたいな武士などの大多数はカツカツの生活をしていました。

一方で、ひと握りの越後屋みたいな悪徳商人や、腐敗した悪代官やその周りの管理職的な武士たちは贅沢な暮らしをするという、身分に応じた格差社会が当たり前でした。

時代劇ならよくある話ですが、どこかで聞いたような話というか、最近でもよく見かける構図だと思いませんか?


平成も終わろうかという21世紀の今になって、もしや時代は、かつての大名や幕府があった頃の格差社会に戻りつつあるのでは?

そして、その後にくるのは戦争ですか?

他人を押しのけていちばん儲ける者が王を名乗り、王同士が他国の王の財産を横取りしようとして戦争になる。

戦争で人々の生活は脅かされ、戦争する費用捻出のために税負担も重くなります。

そして、最後は怒って立ち上がった民衆に王政は打倒され、国は民主化されて税制も正常化され、人々は自分の力で豊かになることを許されます。

けれど…またしばらくすると、その中からまた自分たちだけ儲けようとする者が現れて……こうやって、歴史は繰り返すんですかね?