iPhone 『ケンタッキーフライドチキン』公式アプリを徹底攻略してみました

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190109214934p:image

 

ケンタッキーフライドチキンのアプリは無料だし、クーポンはかなりお得な感じですよね?

それなのに…何故か評価が低すぎるApp Storeのアプリのスクリーンショットがこちら💧

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212044p:image

Android版は3.6と、もう少し健闘してましたが、5段階評価で3を切るとは…ある意味あっぱれなアプリですね。

この評価、ひっくり返してみようと思います。

 

なんでこんなに評価が低いのか調べてみると、iOS版のレビューでは「アプリがバッテリーを使いすぎる」のと「アプリが開かない」という意見が目立ってました。

ならばココを攻略するしかないっショ♪

 

 

アプリが開かない

これについては、通信状況や端末本体、iOSやアプリの状態なんかも関わってくるので、ありきたりなアドバイスよりも、ここでは基本的な部分をおさえて行きます。

このケンタッキー公式アプリ、使っているうちに「書類とデータ」が増えてストレージが大きくなるタイプのアプリですよね?

たとえば写真アプリなら、いらない写真を削除すればその分データも減りますが、クーポンを更新したりマイレージが増えたら、その処理をしたぶんだけ「書類とデータ」が増えちゃうみたいな?

 

「ストレージ」って何だっけ?というひとのためにいちおう書いておくと、「データを記憶したり保管しておく場所や容量」なんかを幅広く意味しています。

いらないアプリを削除したらスマホの動作が速く軽くなったりするアレのことですね。

「書類とデータ」はアプリを使っているうちにどんどんiPhoneに蓄積されてゆく、LINEのトーク履歴だったり、ダウンロードした画像や、Safariのリーディングリストなんかのことです。

iPhoneのストレージは、この2つの合計で表示されます、

 

設定一般 → iPhoneストレージ でアプリが出ます。

f:id:kagaminonakanoalice:20190111235659p:image

アプリをクリックして詳細を表示。

f:id:kagaminonakanoalice:20190112000432p:image

「書類とデータ」は、アプリ内に通知が来たり、クーポンが更新されたりするうちにどんどん増えてくる仕組みだと思うんですよね。

アプリによっては、使い方次第で「書類とデータ」をなるべく増やさないことも可能なんですが、もともと「アプリのサイズが大きめ」だったり、他のアプリよりも「書類とデータを多く保存する」ものもあったりします。

f:id:kagaminonakanoalice:20190112001545p:image

トータルのストレージは大差ないアプリなのに、ケンタッキーとYahoo!お天気アプリじゃ、アプリのサイズが違うのがわかりますか?

ちなみに私はこのお天気アプリを2年近く使っていますが、天気予報を調べるだけで一度もログインしたことはありません。

理由はそうする必要がないし、ログインすることで書類とデータが増えて「余計なストレージを食うようになるから」です。

こういう考え方でアプリを選んだり、使い方にこだわるやり方もあるんですよね。

 

気をつけたいのは、LINEや銀行系アプリや通販サイトのアプリなど、もともとサイズが大きい上に、頻繁にアップデートしたり、データがどんどん蓄積されるタイプのアプリを多く入れている場合です。

iPhoneのストレージにあまり余裕がない状況になってると、これらのアプリのデータの増加やアップデートの影響で、別のアプリが正しく動作しないこともあるんじゃないかと思うんですよね。

「使わないアプリを削除したから大丈夫なはず」と思っていても、またすぐにデータと書類が増えてしまって、じつはあんまり大丈夫じゃなかったりする場合もあるわけです。

ここではわりとメジャーでストレージ小さめのアプリを用いていますが、最近ではアプリサイズが3桁超えだったり、そこに更にデータが蓄積してビックリするような数値になってる場合も普通にあったりしますから💦

 

 

関連情報として、コンテンツブロッカーを比較してみます。

f:id:kagaminonakanoalice:20190112002809p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190112002822p:image

上は私のお気に入り、下は人気の高いコンテンツブロッカーを試しにインストールしてみました。

私が上のほうをお勧めするのは、書類とデータで一目瞭然ですよね。

コンテンツブロッカーも、どれを選ぶかでこのくらいストレージに差が出ます。

効果や性能優先という選択以外に、こういうセレクトの仕方もあるわけです。

 

緑のほうですが、たしかに私のお気に入りよりも強力みたいです。

私は上ので充分だけど、もっと強力なのをお探しなら下のほうのもいいかもです。

下のは資料用なので、私はもうアンインストールしちゃいましたけど(笑)

この種のアプリをいくつも入れているなら、ストレージを食いすぎてないか、一度チェックや見直しをしてみることをお勧めします。

 

 

 

アプリがバッテリーを使いすぎる

この場合、もしWi-Fiに接続してなかったら、バッテリーだけじゃなく、データ通信の容量もそこそこ使ってると思うんですよね。

f:id:kagaminonakanoalice:20190112020717p:image

自宅では常時Wi-Fi接続していても、外出時にはオフにしてモバイルデータ通信に切り替えますよね?

もう知らないひといないと思いますが、Wi-Fiがオンになったままだと、大型ショッピング施設やファストフードのショップなんかのWi-Fiに、iPhoneが手当たり次第に接続しようとしてバッテリーを消費するからです。

 

モバイルデータ通信ではアプリごとにオンオフが切り替えられますよね。

4GよりもWi-Fiで使うことのほうが多い私は、基本ココは電話やメール関係以外は全てオフにしていて、Safariでさえ使う時にしかオンにしません。

この設定はデータ容量やバッテリーを節約したいひとだけでなく、歩きスマホがやめられないひとにも向いていますw

ひと手間かけないとネットに繋がらない、GPSどうなっとんねん⁈ みたいな設定になってるほうが、適度に距離を置いてスマホと付き合えるんじゃないかと思うんですよね(個人的意見)

 

これをオンにして実験してみました。

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212543p:image

この状態でケンタッキー公式アプリをオンにして使うと、やはりデータ容量が「アンタ何してくれてんのよッ」みたいなことになってるという証拠写真

画像では全オフに戻してますが、楽天市場やドコモの映像配信サービスアプリよりも容量を使ってるって何事?

各アプリきっちり時間を測ってやったわけじゃなくて、いつもはオフってるココをオンにして使ってみた程度なんですが、ちょっとビックリしました。

ここのケンタッキーアプリはオンにしないことをオススメします(理由は最後まで読めばわかります)

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212333p:image

ちなみに私のアプリ本体の設定はこちら。見ての通り完全オフです。

ケンタッキーへ行って、クーポン使う時しか使わないアプリなんだからこれで充分。

位置情報とAppバックグラウンド更新の文字が薄いのがわかりますか?

これはアプリ設定だけじゃなく「iPhoneの位置情報とバックグラウンド更新そのものをオフ」しています。

スクリーンタイム → コンテンツとプライバシーの制限でどちらも「許可しない」設定です。

解除するにはスクリーンタイムでパスワードを必要とします。

位置情報が使えないと困るひとには向かない設定ですが、こうしておけば、自分で設定解除して使うとき以外、アプリが勝手にGPSに接続することはありません。

バックグラウンド更新も、自宅でWi-Fiに接続してる時以外は、「後にしてチョ」ってことでオフってます。

ムダなバッテリーの消耗や、想定外のデータ通信等を極力回避する設定です(そのぶん使う時に手間がかかるけどね)

 

ちょっと拡大します↓

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212750p:image

通知もオフですが、ケンタッキーアプリを開けば、通知はお知らせでわかるようになってるので、わざわざバッテリー使ってiPhoneに通知してもらう必要はありません。

面倒なひとはバッテリーを低電力モードに。

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212516p:image

説明にもありますが、これの困ったところは、メールが来ていてもアプリを開くまではわからないことです。

でも、今どきプライベートな連絡や、急ぎの通知がメールで来ることはまずないですよね。

まぁこれも仕事用のPCとiPhoneのメールを同期してたりするひとには不向きですが。

メールや通知をリアルタイムで受け取る必要がない時は、低電力モードも悪くないんですけどね。

iMessageは低電力モードでも来るんじゃないかと思います(たぶん)

 

 

こういう地道な努力でバッテリーは節約できるのですが、もっと簡単で、もっとバッテリー使わないやり方をついに発見してしまいました!

スクリーンタイムで今日の利用時間を調べると

f:id:kagaminonakanoalice:20190109220546p:image

このブログを書くためと、クーポンのチェックにバッテリーこのくらい使ってるんですが…

f:id:kagaminonakanoalice:20190109220855p:image

ケンタッキーアプリ17分使ってるのに…

f:id:kagaminonakanoalice:20190109212330p:image

はい!このとおり〜♪

これ、どうやったと思いますか?

答えは『Wi-Fiもモバイルデータ通信もオフしてアプリを使う』です。

今現在、ケンタッキーフライドチキン公式アプリは、iPhoneの電源さえ入っていればネット接続なしでクーポン利用可能なのです。

嘘だと思うなら、Wi-Fiもモバイル通信もぜんぶオフして試してみて♪

ネット接続が必要なリンクやメニューなどは見れませんでしたが(当然です)、クーポンは全て確認できるし、クーポンページの「会員証をタップ」で、そのまま精算時のマイレージQRコードも使えます。

f:id:kagaminonakanoalice:20190109214345p:image

QRコードのネット接続の有無なんて関係ないんだから、わざわざWi-Fi使ってネットに接続してバッテリー使わなくったってそのまま読み取ってもらえばいいんです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190109214357p:image

この機能、レビューに「会員証を開くと画面が明るくなる機能いらない」ってあったから、改良されたんだと思われます。

f:id:kagaminonakanoalice:20190109214426p:image

会員証を開くと、今でも画面は明るくなりますが、そこで無駄にバッテリーを使わないように、クーポンページだけで全て完結するようになっています。

 

どうですか?これなら『ケンタッキーフライドチキン公式アプリ』めちゃ使えるでしょう?

Wi-Fiも4Gもオフってる時に、ゆっくりクーポンを選んでおけばバッテリー使わないし、清算時のネット接続も一切不要です。

ネット接続が必要なメニューやリンクを使う時だけWi-Fiに接続して、あとはクーポンページのみの操作で超楽チンです。

 

私はケンタッキーとは無関係だし、アプリ関係者でもありませんが、このアプリは悪くないと思います。

まだ持ってないならオススメです。

アプリは無料だし、アドレスやパスワードも不要でクーポンが使えて、ちゃんとマイレージも貯まる点を高く評価したいですね。

使えないアプリだと決めつけてアンインストールしちゃったひとも、もう1回入れてみませんか?