その “もち麦” ひょっとすると安全じゃないかもしれませんよ?

 

 

テレビ番組の特集を観て、もち麦を買おうと思ってるひと、それ本当に大丈夫かどうか先に調べてみることをお勧めします。

 

もち麦と言えば大麦β-グルカン

水に溶けると水分を吸収してゲル状に固まる性質があり、ゲル状態となった大麦β-グルカンが胃の中の食べ物を包み込んで、糖質の吸収をゆるやかにしてくれる。

ここまではよく聞く話です。

でも、国内で手に入る色の白いもち麦のほとんどは、アメリカ、カナダなどで作られた海外産だって知ってますか?

そのもち麦、製造者は日本の会社になっているけど、パッケージの端の方に小さい字で 使用している原料はアメリカ、カナダ産とかって書いてあったりしませんか?

外国産だから問題がある、というのではなく、ちょっと色々と気にかかった疑問点について書いてみたいと思います。

f:id:kagaminonakanoalice:20190119181810p:image

 

テレビでは、もち麦を茹でて食べることを勧めていました。

市販のもち麦のパッケージにも、米と一緒に炊く食べ方の他に、茹でて食べる方法も掲載されていたりしますし、関連書籍やネット情報も増えつつあります。

でも、水溶性食物繊維は水に溶けるので、調理して出た汁も一緒に摂ったほうがいいってキノコかなんかの時には言ってませんでしたっけ?

もち麦を茹でてその茹で汁も使えとは、テレビでは言ってませんでしたが、ふつうに考えたら捨てちゃう茹で汁に水溶性食物繊維がワンサと溶けているのでは…?

その疑問に対する説明もテレビでは一切なかったように思うのですが…?

ちなみに一般に売られているもち麦のパッケージには、洗った米と一緒に炊く際、「もち麦は洗う必要はない」と書かれています。

私はこれを水溶性食物繊維が水に溶け出すからだと思っていたのですが、違うのでしょうか?

 

 

もち麦の原料が国内産か外国産かは、じつはわりと簡単に見分けられるようです。

色がついているものが国内産ですが、国内産は生産量のわりに人気があるので、あまり市場に出回ってないんだとか。

たしかにスーパーでは見かけるもち麦は白っぽいものがほとんどです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190119181914p:image

四国の「ダイシモチ」というもち麦は、表皮が軟らかいのでアントシアニン色素という栄養素がしっかり残っているそうで、見た目もかなり茶色です。

f:id:kagaminonakanoalice:20190119181925p:image

国産のものは皮がやわらかくて、海外産のものは比較的硬い種類のものが多いみたいです。

そのため 海外産のもち麦はしっかり皮の部分を精製しなければならず、精製の過程で栄養素分もたっぷり削られてしまうため見た目が白っぽく、国産のもち麦は強く精製しなくても大丈夫なので茶色っぽい、という説明をネットで見かけました。

ということは、外国産の場合はβグルカンなどの栄養素も国内産、国内製造のものよりも多く削られている可能性が考えられますよね?

そんなに削って効果のほどはどうなんだ?と思うところですが、それをさらに茹でて、水溶性食物繊維が溶け出した茹で汁は使わずにもち麦だけを食べるんですよね?

それってどうなの?と、ここでもまた疑問が浮かびませんか?

 

もうひとつ、外国産の原料の遺伝子組み換え問題、残留農薬等の基準や検査はどうなっているのか、という疑問もあります。

現在の政府は、残業時間や勤労統計、最低賃金その他、とかく数字に手を加えては印象をごまかすことにかけてはピカイチで油断がなりません。

データの改ざんがバレたって誰もクビにはならないし、追及されると開き直って逆ギレしたりするくらいですからね。

例えば、裏でこっそり国同士で話をつけて、検査基準に手を加えてでも、アメリカ辺りから、もち麦を大量に輸入する約束になってたりしてね…?

大量に仕入れたその輸入もち麦を消費させるために、メディアを使ってもち麦人気を煽るぐらいのことは安倍政権ならやりかねない…そんな疑いの目を向けてしまうのは私だけでしょうか?

念のために輸入原料の残留農薬β-グルカンごとごっそり削り取って、さらに茹でて食べることを奨励して安全には配慮してるから、まだ少しは残ってるβ-グルカンの残りカスを食べなさいよ…みたいな?

うわぁ、この読み当たってたら最悪💧

 

テレビに映っていたのは、紹介はされなかったので断定はしませんが、どうやら日本の会社が独自に開発して通販限定で販売している国内産、国内製造のもち麦だったのではないかと思われます。

それなら安心だと思いますか?私ならそんなに簡単に信用する気にはなれませんけどねぇ。

もち麦と言えば、以前もありましたが、メディア効果でまた品切れするほどサイトに注文が殺到したり、スーパーの棚からもち麦が消えることになるかもしれません。

でも、番組はアレルギーについて何か触れていましたか?

 

小麦アレルギーのひとのために、現在では小麦を使った食品は表示が義務付けられているはずです。

じゃあ大麦はどうなんですかね?

小麦がダメなら大麦もヤバいんじゃないかと思うのですが…?

大麦のアレルギーについてはまだ表示が義務付けられていないのでしょうか?

もち麦のパッケージに書いてあるのを私は見かけたことがないのですが💧

他にも、私はまだ食べてないけど、コンビニのもち麦おむすびはどうなっているのでしょうか?

 

 

これを書く際、誰かが既に内容のかぶった話を書いていないかざっと調べていたら、あるお米屋さんのブログにこういう一文があったので最後に引用させていただきます。

 

当店で仕入れている「押し麦」と「もち麦」では、もち麦のほうが若干水溶性食物繊維が多いですが、白米と比べれば、どちらも歴然とした差です。

押し麦の方が全然安いことを考えると、無理にもち麦でなくても、と思ってしまいます。

 

メディアの煽りやテレビ番組には手厳しい私ですが、このお米屋さんは素直に良心的なお店だと感じました。

もち麦もち麦と連呼してるような輩は絶対にこんなこと言ったり書いたりしませんからね。

流行りのもち麦に飛びつく前に、表示義務や規定がないからって省略されているかもしれない部分や、外国産原料の輸入量がどうなってるかぐらいのことは、調べてから購入しても遅くはないと思いますけどね…。