【ONE PUNCH MAN】アニメ2期始まりますよ〜♪

 

f:id:kagaminonakanoalice:20190309160946p:image

4月2日より、TV東京系の火曜深夜1時35分からアニメワンパンマン2期が始まります。楽しみですよね〜♪

4月11日正午からNetflixdアニメストアでも配信開始するという噂も…?dアニメは3月から1期の見放題配信もやっていますしね。

GYAOでも追っかけ配信してくれないかなぁ。そしたら無理して夜中まで起きてなくても、誰でも好きな時に無料でスマホで観られるのにね。

深夜1時半なんて、ふつうの人間なら寝てる時間だってば💧

まぁ私は多分 dアニメでワンパンマン2期を観ることになると思いますけど。

 

 

ワンパンマンを知らないひとはそんなにいないと思いますが、いちおうザッとご紹介しちゃいます。

このひとが主人公の「ワンパンマン」ことサイタマ氏です。

f:id:kagaminonakanoalice:20190309161741p:image

プロのヒーローのサイタマ氏は基本こういう感じのひとなのですが、

f:id:kagaminonakanoalice:20190309161838p:image

たま〜にこんなだったり、

f:id:kagaminonakanoalice:20190310120053p:image

こんなふうだったりも…

f:id:kagaminonakanoalice:20190309162150p:image

…します。

どんな敵も一撃(ONE PUNCH)で倒してしまうからワンパンマンなわけで、お子さまのヒーローの某アンパンマンとは関係ありません(たぶん)

 

ヒーロー協会所属の「プロ」のヒーローになる前から、『趣味でヒーローをやっていた』サイタマ氏ですが、アニメ1期のラストで全宇宙の覇者(だっけ?)を倒してしまうと、結局また『趣味と実益を兼ねてヒーローやってる』設定に戻ってしまいます。

サイタマ氏の “常人ではありえない非常識な強さ” に感服して弟子入りを切望した、真面目なサイボーグのジェノス君がそう紹介してましたから(笑)

この《鬼サイボーグ》ことジェノスも、そのへんの有象無象とは格も実力も桁違いの強いヒーローです。

そんなジェノスが押しかけ弟子入り志願をするほどに、無論サイタマ氏はサイボーグもおそれいるほど超強い人間なのですが、その容姿もさることながら、一向に最強ヒーローっぽく見えないという、かなり異色のヒーローだったりします。

私の見るところ、この作品の読者や視聴者層は、サイタマ氏を師と慕うジェノス視点か、サイタマ氏に命を救われた無免ライダーあたりに感情移入してしまうお兄さんたちが多いように思われます。

なにせ人類最強のサイタマ氏のヒーロー名は《ハゲマント》ですからね。

女子ファンがつきそうな要素はことごとく排して、ヘアスタイル同様、極限までふっきれちゃってるサイタマ氏の人物像は、同性ウケは狙っていても、お子さまや女子人気は論外という扱いのようです。

 

 

サイタマ氏は、基本ゆる〜い庶民派まったりキャラです。

ヒーロースーツにマントの姿でスーパーで買い物をしたり、晩ごはんのおかずの買い物袋を下げて帰ってくるシーンなんかも頻発します。

もはや人間のレベルをはるかに超越してしまった彼の生き様は、人間ここまでのレベルになると逆にこうなるんだね…というある種の「いい見本」的な眺め方もできてしまう気がします。

あくまで「趣味でヒーローやってる」スタンスなので、他に大事な趣味を持ってるとか、自分の平穏な生活を守ることにすら大して興味がないようです(彼の興味を独占するのはスーパーの特売チラシのみ)

悪いやつのほうが勝手に彼のテリトリーに踏み込んできては、暴れたりうるさくするから、サイタマ氏は「ウルセェな!お前ら迷惑なんだよ」ぐらいな感じに軽〜くやっつけてしまうのではないでしょうか。

たしかに全然ヒーローらしくないのですが、私はこのひとけっこう好きなので、アニメだけじゃなくて、ネットの「となりのYG公式」で公開してる原作もチェックしています。

でも、じつはブログには、この作品についてはあんまり書くことがないんですよね💦

う〜ん…もし私がこだわってワンパンマンブログを書くとしたら、テーマは「サイタマ氏とコナンの共通点」あたりでしょうか。

名探偵がいるから事件が起きるのか、サイタマ氏がいるから強い怪人が次々に現れてくるのか…ワンパンマンって、突き詰めればたぶんそういう話になっちゃうと思うのです。

サイタマ氏がいなかったら、他のヒーローでも大丈夫な怪人しか現れないか、いっそあんなに次々と怪人が現れることもなかったかも…?

ひょっとしたら最初のあのカニの怪人だけで終わってたりして…なんてふうにも思うのですが、そんなこと考えるのは私だけでしょうか?

f:id:kagaminonakanoalice:20190310113316p:image

 

あと、この作品は青年誌を読んでる男子層をターゲットにしすぎていて、女子目線や感覚だと、応援したくなるようなキャラはほとんど出てきません。

無免ライダーが、彼のファンのお兄さん人気を集めるのはなんとなくわかるんですけどね。

アマイマスク(副業でモデルとか歌手とかやってるカッコつけ激しいイケメンヒーロー)なんて、サイタマ氏に比べたらぜんぜん魅力ないけど、あれってわざとああいう設定なんですか?

同性の反感を買いやすいタイプで、いかにも裏がありそうな嫌なやつなのに、「何故か女性にはめちゃモテる」わざとらしい設定ですよね。

これってある種の女性蔑視なんじゃないかとすら思ったりもするのですが…それは考えすぎでしょうか。

他にイケメンと呼べるのは《鬼サイボーグ》君ぐらいだけど、じつは私、彼もあんまり推しじゃないんですよね。

ジェノスは師と仰ぐサイタマ氏にだけは一途で素直で低姿勢なんだけど、サイタマ氏よりもよほどヒーローらしいぶんだけ、あんまり謙虚なタイプじゃないというか、女子目線を全く気にかけないぶん物言い態度がえらそうだし。

まだまだ成長途上にある若輩者の年齢設定を考慮しても、単品としての魅力には今ふたつほど欠ける感じですか(言いたい放題💦)

f:id:kagaminonakanoalice:20190310092907p:image

サイタマ氏に『心底から心酔している弟子のジェノス君』というフィルター越しでないと、一見カッコよさげなジェノスの取り柄はまじめなところぐらいで、サイタマ氏の弟子で満足してしまってるあたりもちょっと残念な感じですよね。

まぁそれもこれも、ひとえに「サイタマ氏のかっこよさ」を際立たせるための設定上の演出なのかもしれませんけども〜笑💦

どう転んでも無敵の最強ヒーローはサイタマ氏なので、そこそこ強かったりヒーローらしいやつほど残念な色が濃くなるというのか、「まぁキミはその辺りが限界だよね」感を払拭できないというか…💧

要するに「サイタマ氏は普通の人間じゃないのよ」って、ワンパンマンは、そういう話みたいです(笑)

 

 

ワンパンマンの登場人物は、およそ3種類に大別できます。

①ヒーローおよび怪人

②彼らをランキングしたり、敵をレベル分けするヒーロー協会関係者

③何もしないで被害者ぶるか、助けられても文句ばかり言うモブ

 

ワンパンマンについて特筆すべきところは、この「協会関係者」や「文句ばかりのモブ」といった、どうでもいいワキ役のリアリティを必要以上に赤裸々に描いているところです。

基本的にヒーローが悪い怪人を倒すだけの話なのに、この種の作品では、普通は単なる背景にすぎないようなモブにまで、「こういう恩知らずなこと言うやついるよな」って、異常なくらいのリアリティがあるんですよね。

たとえば…名が知られたS級ランクのヒーローを軽く手玉にとるような強い怪人も、サイタマ氏なら一撃で倒してしまいます。

すると、彼に命を救われたモブ達は、新参者のサイタマ氏がインチキしてるんじゃないかと疑ったり、B級のサイタマ氏があんな簡単に倒せるならS級も大したことないなって、身を挺して自分たちを助けてくれたヒーローを見下す奴まで現れる始末です。

いるよねぇ、こういうやつ。自分は何者でもないのに、何者でもないその匿名性を逆手にとって、頑張ってたり優れている相手を見ればこき下ろし、相手をとにかく論破して勝ったつもりになってるイヤなやつ💧

他にも、勝手にヒーローをランクづけしたり、安全な場所からあれやこれやと偉そうに指図するばかりの協会幹部の組織の人間の愚劣さなんかも、やたらとリアルに描かれています。

本当に頑張っているのは、C級やB級の下っ端のヒーローと、現場と直接かかわる組織の中間管理職や、その真面目な部下ぐらいなもの…これは実社会でもよく見かける構図です。

ここまでやるのなら、いっそ「こんな連中を守るために俺たちは身体を張ってヒーローやっているのか?」なんて、ヒーローたちが悩んだりする展開になりそうなものなんですけどね。

でも、ワンパンマンはそういう展開にはならないんです。

守る対象がそんな連中でも、無免ライダーのような正義感が強くて非力なヒーローほど、ボロボロになるまで身体を張って人びとを守ろうとします。

それなりに力のある奴は平気で彼らを犠牲にしたり、踏み台にして上手く立ち回り、顔や名前を売ってランキング上位にのし上がることを優先します。

どちらがカッコイイでしょうか?

こうした場面でのサイタマ氏のカッコ悪すぎる物言い態度が「逆にカッコイイ」というか、誰にも理解されなくても、ジェノスの目を通して読者や視聴者には見えるようにもってゆくのが、この作品の真髄なのかもしれません。

なんじゃそりゃ?と思ったり、まだ観てないのなら、モノは試しに、一度ワンパンマンを観てみることをお勧めします。

 

思うにサイタマ氏は、強すぎるがゆえに、ヒーロー側なのに、じつは人間をゴミのように扱う凶悪な敵の怪人と五十歩百歩なんですよね。

サイタマ氏って、どっちかというとそっち側なわけで、明らかに「ふつうの人間」の側じゃないんです。

サイボーグのジェノスや、忍者のソニックのレベルになるとそれがわかるのですが、そのレベルに達してない者の目には真実が見えないんですよね。

やばいなぁ…話が変な方向に行っちゃいそうです💦

サイタマ氏については、現段階ではあんまり突っ込まないほうが良さそうなので、ここからは『今どきの忍者』ソニック君について書いてみたいと思います。

 

 

 

このひとが《音速のソニック》君です。

f:id:kagaminonakanoalice:20190310132836p:image

サイタマ氏の魅力が極限までふっきれているところだとすれば、ソニックは「完全に逝っちゃってる」ところが魅力ですw

f:id:kagaminonakanoalice:20190310171524p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190312083653p:image

《音速のソニック》は、とにかくマジでヤバそうな、メーター振り切ってる感じの “普通でなさ” が魅力なのです。

そんなに出番が多いキャラじゃないし、『ある種の異常者』みたいなノリのキャラなのに、弱いくせにサイタマ氏を見下してるランク低めのヒーロー達みたいな嫌味がないんですよね、彼には。

それに他のキャラは、サイタマ氏も含めて、自宅で普通に生活しているところが想像できるんだけど、ソニックだけは崩れかけた廃ビルでランタン灯して寝袋生活とかしてそうなにおいがするんですよね。

初登場からして彼は、集団で向かってくる敵の頭上を飛びまわりながら、首から上だけを音速で一刀両断してゆくという、「アブネーやつ」でしたしね。

美少年忍者として、美形ヒーローのアマイマスクなんかと絡んだりしなかったのも良かったですね。

サイタマ氏という強い敵を見つけたソニックは、仕事も何もかも放り出して、とにかく強敵と戦うのが楽しくてたまらない感じに突っ走ります。

でも相手はあのサイタマ氏ですからね…

f:id:kagaminonakanoalice:20190310132546p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190310093705p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190312083743p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190310180636p:image

f:id:kagaminonakanoalice:20190310093747p:image

初戦は爆笑対決に終わりました。

私はサイタマ氏とジェノスよりも、サイタマ&ソニックのコンビ推しかも…?

ん?でもよく考えたら、ソニックの設定って、怪人とか悪人の側でしたよね?

サイタマ氏はいちおう正義のヒーローの側だからソニックとコンビにはならないか(笑)

f:id:kagaminonakanoalice:20190310180714p:image

ともあれ、アニメ『ワンパンマン』2期始まります。

ワンパンマンを知ってるひとも知らないひとも、チェックしてみませんか♪