セイロンかカシアか?私がGABANのシナモンをイチオシする理由

 

 

GABANというブランドの業務用スパイスを知らないひとは、そんなにいないと思います。

料理をしないせいで、すぐにはピンとこないひとでも、あの容器をみれば「それ知ってる!」と思うのではないでしょうか。

あの容器も含めて、私はGABANのシナモンが大好きなので、では何故GABANなのか?というこだわりについて書いてみようと思います。

 

シナモンが薄毛や抜け毛に効果ありだという情報は、数年前からテレビでも特集されたりしてるし、もう有名ですよね。

毛細血管を修復してくれたり、アンチエイジング目的のサプリがわりにシナモンを摂取すれば、肌も髪も綺麗になるし、血糖値が気になるひとにもおススメなんだそうです。

「何で?」って気になったひとは、詳細は自分でネットで検索してみてください。

効能、効果については、細かく丁寧に書いてるブログがいっぱいあるし、通販サイトのレビューも参考になります。

もうひと手間かけて、自分で色々チェックしてみると、意外な発見があるかもしれません。

f:id:kagaminonakanoalice:20190404183314p:image

ここでは成分や作用はすっ飛ばして、まずはシナモンを使ったおススメの食べ方からご紹介します♪

 

★りんごをひとくちサイズにカットしてレモン汁を振りかけてレンジで温めて、シナモンを振りかけて食べる(好みでハチミツをプラスしてもOK)

★トーストしたパンにバターを塗ってシナモンを振りかける(こちらも好みで甘みをちょい足ししてもOK)

★熱い紅茶にシナモンをよく溶かして、ミルクを加えてシナモンミルクティーにして飲む(甘みはご自由に)

 

甘みについては、ハチミツはオススメですが、個人的な意見としてなら、砂糖は使わないほうが良いと考えています。

が、砂糖よりもハチミツがいいとか、オリゴ糖だとか、そんなのは自分の好きにすればいいことだし、最初から甘み無しでいけば、甘みなしのシナモンの味と香りを脳が認識するので、そういうものだと思ってしまいます。

甘みとセットのシナモンに慣れてしまうと、「シナモンシュガー」のような味でないと、シナモンパウダー単品では物足りなく感じてしまうようになるかもしれません。

シナモンを頻繁に摂取するようになれば、避けては通れない問題にもなってくるので、ここは使い始めの段階から考慮しておくことをおすすめします。

 

余談ていどに付け加えておくと、輸入物の安すぎるハチミツを使うぐらいなら、牛乳を豆乳に変えるほうがまだカラダに良さそうな気がしますね。

シナモンミルクティーをすすめるのも、理由は「私が豆乳ラテ系はあんまり好きじゃないのでよく知らない」からです。

大豆イソフラボンの効果も知らないわけじゃないし、たとえば豆乳が好きで、ラテも豆乳派なら、「豆乳にすればいいんじゃないの?」と思うだけです。

ハチミツもですね、シナモンと組み合わせるといいとか聞きますが、う〜ん、私はそこまでメディアの煽りに乗ってあげる必要はないと思うんですよね。

スーパーで普通に売られている数百円ぐらいの安物(失礼💦)だと、混ぜ物や添加物なんが逆にカラダに悪そうな気がするし、ここでは安易におススメはしないでおきます。

『シナモン+はちみつ』の組み合わせが最強だといっても、医療分野での効果やデータが強調されているのは、おそらくは『最高品質か、それに近いシナモンとハチミツの組み合わせ』のはずです。

そんなセットを一般人が継続的に購入できるような値段で手に入れるのは、ちょっとばかし困難な感じがしませんか?

だからここでは、お手頃価格で品質も良い「GABANのシナモンをイチオシする理由」を書いてるわけです。

人によっては、ハチミツ代を節約して有機セイロンシナモンを買うという選択だってアリだと思います。

ということで、ハチミツにもこだわりたいひとは、各自で「蜂蜜」を検索なり情報収集するなりしてくださいね(毎回これだよw)

 

 

シナモンに戻りますが、よく見かける小瓶のシナモンには粗悪品も多く、溶けにくいし、割高なのに味も香りもイマイチだったりするので、今から買うなら、業務用のGABANのシナモンがおススメです。

f:id:kagaminonakanoalice:20190405121359p:image

マレーシア産原料使用(実際にはセイロンと数ヶ国の何種類かのカシアのブレンドらしい)のGABANのシナモンは、毎回少しカップの底に溶け残ってるけど、まぁまぁ溶けるほうです。

カップの縁に付着したり、溶けきれずにカップの底に残ったものも、混ぜ方を工夫したり、少し残した紅茶をカップの中でぐるぐる回して混ぜれば飲みきれるから大丈夫。

そんなになってても、GABANのシナモンだと飲むのがキツいような味やにおいじゃないんで、カップの底で濃縮されてても普通に飲みきれちゃいます。

ここだけの話、スーパーで普通に売ってるコショーや七味なんかと同じ小瓶サイズのシナモンは、腹がたつほどぜんぜん溶けません!

それにメーカーや原産地によっては、飲んだ後になんか口に残るというのか、GABANのシナモンとは明らかに品質が違うようです。

試すだけならアレでいいかと考えるひともいると思いますが、万がいち粗悪品を買ってしまったら後悔するし、効果を期待する前に飲むのがイヤになるかもしれないので要注意です。

 

 

ちなみにシナモンがどのくらい髪に効いてるのかはまだよくわかりませんが、GABANのシナモンを使いだしてから、私の末端冷え性と肌の質感は確実に状態が改善しました。

普段からお菓子と紅茶と冷凍食品が主食みたいな偏った食生活をしていて、いろいろ使うとすぐにかぶれるからニベアぐらいしか使わない(しかもしょっちゅう使うのを忘れる)私のお肌も、以前よりもいい感じになってきてます。

食事が偏りがちだったり、生活習慣に問題があったり、あと40歳以上の年代のひとなんかは比較的早く効果が現れるみたいです。

興味を持ったひとは、まずはネットでシナモンについてよく調べてからお気に入りを購入して、試しに半月から1ヶ月ぐらい続けて飲んでみてはいかがでしょうか。

不摂生に自信がある(笑)なら、適量を毎日つづけて飲んでいれば、そのくらいで効果がわかるかもしれません。

規則正しい健康的な生活をしているひとは、効果がわかるまでもう少し時間がかかるかも…?

 

薄毛や抜け毛は、20代ぐらいまでは毛細血管の修復機能がそもそも高いので、おじさんならわりと早く効果が出ても、若いとあんまりよくわからない的な意見が多いようです。

年齢や性別を問わないおススメとしては、就寝前にシナモン入りのホットミルクを飲むのはいかがでしょうか。

毛細血管は眠ってる間に修復されるので効果をより期待できるし、シナモン効果でよく眠れるので、体調が良くなったり、睡眠不足解消にもつながるみたいです。

眠る寸前までスマホを触ってるなら、シナモン入りのホットミルクが意外と効果あるかも?

 

 

ところでGABANのシナモンは、私が使ってる180グラムでも紅茶缶ぐらいの大きさです。

高さがないのでまだOKだけど、ひとり暮らしのキッチンには、置き場所に困るぐらいのBIGサイズです。

真ん中がそのシナモンですが、これが180グラム缶で、サイズは500ミリペットボトルよりもひとまわり大きく、リーフティーの紅茶缶とほぼ同じなんですよね💦

f:id:kagaminonakanoalice:20190404182854p:image

通販サイトで普通に見かける300グラム(ほぼこの2倍)のサイズだと、高さがあるぶんペットボトルよりもデカいし、置き場所に困るどころの大きさじゃないという認識が必要です。

GABANのシナモンは『業務用』なので、通販で買うときにはサイズに気をつけたほうがいいです。

通販サイトの画像では、実際の大きさまではよくわからないんですよね💧

300グラムサイズは、普通の感覚だと、送られてきた箱を開けたらビックリします(笑)

 

もうひとつ考慮しておくべきは、いくら肌や髪に良くてもシナモンの摂り過ぎには注意が必要だという点です。

どんなシナモンも、1日の摂取量は小さじ半分から一杯ぐらいにしておくのが無難だと思います。

だって、長いこと生薬としても扱われてきたスパイスなんですから。

普通に考えても、スパイスや生薬を大さじ一杯は摂りすぎだって思いますよね?

量を摂れば効果が早く出るとか、よく効くわけじゃないので、効果のほどは、あくまでサプリぐらいに考えたほうがいいです。

それならサプリを飲むというひともいるだろうけど、サプリのほうが手軽なぶんだけ、過剰摂取の危険性が高くなりがちなことは知っておくべきでしょう。

セイロンシナモンじゃないと、カシアはクマリンの過剰摂取で肝障害になる…みたいな情報が気になるひとの場合は特にです。

 

 

気にかけるべきは、カシアかセイロンかよりも、成分が濃縮されたサプリメントを飲みすぎることで、無自覚なうちにクマリンの過剰摂取の危険が高まることです。

セイロンシナモン人気で、今ではベトナム産はクマリンが多くて摂りすぎると危険という情報も出回ってしまっています。

じゃあ売れないベトナム産はどこで使っているのかって、想像してみたことありませんか?

そのままじゃ売れないとなれば、加工品にされて売られている可能性を疑うべきです。

私は妄想力たくましいので、ついついその種の突っ込んだ具体的な想像をしてしまうんですよね。

原材料はセイロンシナモンだと表記しつつも、実際にはクマリン含有量が多いベトナム産のカシアを安く仕入れて使用している産地偽装のケースもあるかも…?みたいなことをです。

もしもそんな製品でも、サプリになっていれば消費者にはわかりませんからね。

 

スパイスとして販売されているシナモンと異なり、サプリには目安となる使用量が設定されているのが普通です。

その使用量を守る前提で製造されているサプリならば、クマリンが多い品種を原材料に使用していても特に問題はないはずです。

しかしその場合、早く効くようにと、購入者が自己判断で勝手に2倍量のサプリを飲んだりすると、クマリンの過剰摂取による副作用の心配が出てきます。

高価なセイロンシナモンなら量を気にせず摂取しても平気だけど、ベトナム産カシアは、1日に小さじ半分ぐらいでないとダントツでクマリン含有量が多いので過剰摂取の危険性が高いと言われています。

こうした知識をもとに摂取するのであれば、どの品種を選んでもさほど心配はありません。

大事なのは、サプリだろうとパウダーだろうと、摂取量さえ守っていれば、ベトナム産カシアであっても、そこまで神経質になる必要はないという点です。

いちばんヤバいのは、早く効果を出そうとシナモンパウダーを使いながらサプリも飲むことでクマリンの過剰摂取の危険性が一気に高まることです。

そうならないためにも、サプリはサプリだけで飲み、シナモンはシナモンだけで摂取するほうが安全です。

ここはカシアもセイロンも関係なく、最低限の知識として知っておくべきです。

 

 

GABANのシナモンはマレーシア産と表記されていますが、クマリンだけならマレーシア産よりも中国産のほうが少ないようです。

どっちの産地のシナモンが安全だと思いますか?

私ならクマリンの量よりも、原産地での栽培手段や空気や水質の安全性も気になるところなんですけどね。

大体そんなことを言いだしたら、カレーパウダーや既製品のカレールーに使われているスパイスの原産地や品質だって、いくらでも疑えるわけです。

そうなると、じゃあ市販のルーでカレー作るのは危険なの?みたいな話になってきますよね。

今までそのカレールーを使ったカレーをどれだけ食べてきたんですか?

ちゃんと調べれば、クマリンにも抗酸化作用があって毒物ってわけじゃないし、問題は「過剰摂取」であって「クマリンが少ない高価なセイロン産じゃなきゃ安心できない」ってわけじゃあないんです。

セイロンシナモンだから安心だと信じて大量に使っていたら、ある日突然、業者による産地偽装が発覚するケースだって皆無というわけではないですから。

 

まさに「それっぽい例」を某大手通販サイトのレビューで見かけました。

「セイロン産のシナモン」を買ったのに、粒子が粗いの香りが弱いの、ほかの店で買ったセイロンシナモンとは全然違うというクレームが比較用の写真付きで投稿されていたんですよね。

原材料は同じでも、現地での加工の段階で挽きが荒くなったとか、メーカーの回答らしきものも載っていたけれど、真偽のほどはさておき、世の中そんなものだと思いますよ。

GABANはそもそもプロが使う業務用で売ってるわけだし、問い合わせには、配合の割合は秘密でも、セイロンシナモンと数種類のカシアとのブレンドの製品だと答えています。

大手通販サイトでいろいろ見てみればわかりますが、有機セイロンシナモンにもピンキリがあるようで、かなり高価なものからお手頃価格までいろいろです。

私なら、飛び抜けて高価すぎるものも、有機セイロンシナモンを謳いながら低価格すぎる製品も、両方とも疑ってかかりますけどね。

むしろ大手メーカーがきっちり品質管理してて、工場で正確に分量の配合や加工をして大量生産してるシナモンのほうが、オーガニックの名のもとに、地元の業者の加工の具合で品質が不安定になりがちな製品よりも、よほど安心なんじゃないかと考えます。

別にGABANのまわし者じゃないけど、あの容器のデザインやカラーリングも気に入ってるし、価格もお手頃だと思うので、私はセイロンシナモンとカシアブレンドのGABANで満足しています。

てゆーか、外食したら、昨今の日本の店で使われてる業務用シナモンは大抵コレなんだし、通販サイトでの大容量サイズの普及ぐあいから見ても、過剰摂取さえしなければ、安全性に特に不安はなさそうに思えますけどね。

 

ただし、GABANを買うのなら、初心者は「とにかくサイズに気をつけて!」が、私からのアドバイスです。

何度も言いますが、GABANは業務用スパイスだから、とにかくそもそもの製品サイズがデカいのです。

加えて、本体はそこまで高価じゃないけど、缶入りだし食品扱いだから、配送にはメール便じゃなく宅配便を使っているケースが多く、購入にはそこそこ送料もかかります。

だったら長持ちするようにデカいの買っとこうとか、まとめ買いしようと思うかもですが、レストランやカフェのオーナーでもない限り、シロウトが早まっちゃいけません!

初心者はぜんぶ使いきらないうちに賞味期限がくる可能性大だから、まとめ買いは自分がどの程度なら定期的にシナモンを摂取できるのか、ちゃんと消費量がわかってからのほうが無難です。

パンやケーキづくりが趣味とかでない限り、180グラム缶だって、ひとりじゃそうそう簡単に使い切れるシロモノじゃないですから。

賞味期限が残り少なくなってくると、しまいには何にでもシナモンをかけて食べるようになって、そのうちうんざりしてきます(笑)そして、気づいたら放置してる間に賞味期限が…というパターンですね。

あるいは、大容量だからと景気よく使いすぎて、ついつい過剰摂取に陥る危険性もないとは言い切れません。

この辺りは自己責任でおさえておくべきポイントではないでしょうか。

 

使い方としては、他にもシナモンコーヒーなんかもおススメみたいですが、私はシナモンミルクティーは美味しいと思うけど、コーヒーはイマイチだと思います。

私はグールじゃない(?)から、そもそもあんまりコーヒー好きじゃないしw

シナモンは、コーヒーに入れるよりも、ラムレーズンのアイスクリームに振りかけたほうが美味だと思います。

これは一度ためしてからヤミツキになりました。

他にも定番だとカレーに入れるとか、魚や肉のソテーに使ってみるなど、実験気分でいろんな組み合わせを試してみるのも楽しいかも…?

こんな長い記事をここまで読んでいるのなら、ちょっと試してみようとか、前にも1度試したけど、いつのまにか忘れていたシナモンをまた摂取してみようかな…とか思っていませんか?

ならばチャンスです。

通販サイトで調べてみればわかりますが、GABANのシナモンは大容量で価格もお手頃です。

シナモンなら、コスパ最高のGABANのシナモンを私はおススメします。